FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

過去ログ

鬼滅+拍手お返事

クロミチです、アニメ「鬼滅の刃」観ています。自分もオワ丸さんも原作の連載当初から善逸が大好きなので今週の放送は熱かった!笑えるし「霹靂一閃」がカッコいいし。それにしても今週は名言の多い回だった。善逸のセリフ全部笑えるって、何かもうすごいな。仕事場や知り合いは見事に煉獄さんか義勇さん好きばかりなんですよね。。。自分は男の子なら善逸、女の子なら甘露寺さん、大人なら鋼鐡塚さんが初登場時からずっと大好きです。見事に一芸の変人ばかり。今ちらっと聞いたらオワ丸さんは男の子なら善逸、女の子は堕姫、大人キャラでは宇髄さんが好きだそう。言われてみれば確かに宇髄さんは惚れる・・・!男が惚れる漢、って感じがします。オワ丸さん、ナヨナヨしたイケメン嫌いだもんな(苦笑)。

それにしてもです、オワ丸さんが月曜から頭痛→喉→咳→食欲のなさ→熱→関節の痛み→くしゃみと、毎日一つずつ練りに練って固めて酷くしてきた風邪がついに今日自分の所にきました、しかも仕事の締切でヤバいこのタイミングで!!ぬ~!今の所は熱・関節の痛み・喉だけですが、明日以降どうなってるやら。。。そう思ってたらオワ丸さんが珍しく責任を感じたのか、薬局でクレベリンを買ってきてくれました。何故かこっそり。。。置いておくとウイルスとかを除去?してくれるやつですが、もうかかってしまった風邪には効くのかなぁ、しかもガンガン部屋を換気してるから、効果は尚更わかりません。ありがたいけど、なんかズレてる気もする(苦笑)。季節の変わり目で風邪を引く人が多いそうです、みなさんもどうかお気をつけて。。。



拍手お返事
>>昨日拍手下さった方
南の方の方でしょうか、お名前が無かったのですがなんとなく。地震の心配をして下さりありがとうございます、本当に今回は自分の地元は運が良かっただけだと思います。津波注意報で地元の地図が黄色く点滅してるのは、今思い出してもぞっとします・・・。昔描いた絵の事も覚えてて下さってて本当に嬉しかったです・・・!

地震のこと

クロミチです、昨夜大きな地震が新潟・山形で発生しました。津波注意報も出てかなり不安ではありましたが、幸い大きな津波も来ず本当にホッとしました。実家のある上越は震源から離れていたため、震度も3程度でしたが長い時間横に揺れたそうです。地震の数分後実家に電話してみたら、もう寝ようかと思っていたところだ、と。大した揺れではなかったせいかテレビも点けてなかったようで、津波注意報出たんだぞと言ったら慌てて点けたらしく「ホントだ!」「え!?もう到達済みじゃん、ダメじゃん!」と。海からは1キロ程離れているとはいえ東北の大震災のこともあるし、津波は遅れてやってくる事もあるので注意報が解除されるまでやはり怖かったです。

その後津波は小さなものが到達したようでオワ丸さんと大事にならずに済んだねと安心してたのですが、神戸の友人から「ご実家は大丈夫か!!?」とラインが。彼女は以前実家に山菜採りに遊びに来てくれた事があるので、実家のある上越が地図上の上の方にあるから上越なのだと思い、「震源じゃねーか!心配で寝れねぇよ!」と夜中にひっくり返ってしまったそう。実際は震源は山形に近い下越で、むしろ上越は富山に近い方(京都に向かって近い方から上越→中越→下越)だから全然間違ってたのですが、阪神淡路大震災の経験者でもあり、夜の震災の怖さを身を持って知っている人なので、災害時の教訓や津波の恐ろしさ(50センチでもヤバい事)を教えてくれました。あとはお互い今やってる仕事が同じ締め切りの同じ内容だったので、完成間に合わないんじゃないかとヤバいヤバい言いながら連絡してたら何かホッと出来ました。ありがたかったなぁ。。。

朝になってみたら、どちらかというと山形の方が被害が大きそうですね。震源に近い村上市は本当にむかーしの木造家屋が多いからなぁ。。。今後大きな余震とか無いといいです、まずは各地のライフラインが復旧してほしい・・・。

夢にまで見た…!

オワ丸です。一昨日から始まった刀剣乱舞の白山キャンペーンに爆死続きで、今回もダメかもと若干諦めかけていたのですが、今日の朝パソコンをかまっていると、後ろから「…兼さんさ…鍛刀で回したら…白山君出てさ…」「でも…本当はソレ…白山君じゃなくてさ…巴形さんだったかも…」とクロミチが超絶寝ぼけながら見た夢の事を言ってきたので、これは予知夢か~?と、兼さんをトップにして回してみましたが白山君は来ませんでした。まぁ夢の中で来たのは結局巴形さんだったわけだしな。

午後になって、今日は安定君が極修行から帰ってくる日だったので待っていました。「3通目の手紙、ちょっと…大丈夫かね」とクロミチと話していると安定凱旋。修行に行かせた方ならお分かりでしょうが、「もう一回気持ちの整理をつけてきた方がいいんじゃないか?!」と少し心配になる様子で帰ってきました。アニメ花丸の2期の最後で安定君が修行から帰ってきてたけど、あの時は”沖田君以降の歴史もずっと見てきたよ”みたいな事を言っていたので、きっとその過程で気持ちの整理もついたのかな、自分のやるべき事をハッキリさせてきたのかなと思っていました。が、本家の安定君は沖田君の所から直帰したような感じか…?色々とオワクロの間で話題持ち切りでした。…が!

それから1時間も立たないうちに白山君爆誕!
syasinhakusan.jpeg
しかも初めて巴形さんをトップにしての鍛刀!クロミチスゲーよあんた!怖いよ!そんなこんなで本日の主役は安定君から白山君へ。短い主役だったな安定…。これでうちの本丸は極の打刀以外は刀が集まりました。良かった…破産する前に白山君来てくれて…!ちなみにAII920で資源5万ずつ減らし鍛刀50回超、梅札を使ったり使わなかったりだったし、3時間越えの良い波も来てなかった。強いて言えば安定君の事で頭がいっぱいだったので、欲は無かったかも。まぁ、結局運ですかね。

最近の色々

クロミチです、コミティア中も咳で声がガラガラだったものの、その後更に咳がひどくなって何かもう四六時中発作みたいに止まらなくなってしまって(息が出出来ない・オエーッてなる程)、夜~朝も重い咳が止まらず冗談抜きで全然寝れなくて。それが1週間続いたら体力がゴッソリなくなってしまって、咳のエキスパートのオワ丸さんからこういうのは早めにもう一度病院へ行った方がいいとアドバイスをもらい、先生から薬を変えてもらったら昨日今日はやっと夜1度も起きずに寝れました。しばらくは絵は無理そう、仕事が詰まってた時辛かった・・・少し・・・休みたいです・・・。


コミティア前の話になりますが、イラストレーターの寺田克也さんの個展に行ってきました。壁一面にかっこいいドローイングがビッシリ!学生の頃からファンですが、こんなに間近に、こんなに沢山見れて本当に幸せでした。しかも撮影OKという太っ腹。最初通りかかったまま勢いで見てしまったんですが、やっぱり画集も欲しい!と思って近所だったから財布を取りに家に帰ってもう一回画廊へ。ドローイング集「ラクガキングロサンゼルス2」を購入したら、どうやら最後の1冊だったようでした。しかもその時寺田さんご本人が画廊にいらっしゃってて冊子にサインと小さな絵書いて下さいました・・・!もう、昇天しそうだった・・・。宛名を書いて下さるという事で苗字を言ったら「いい名前だね、覚えやすいね」と仰ってくださって。今まで生きてきた中で初めてだ、そんな事言われたの・・・。「覚え辛い・言いづらい・間違えやすい」の3拍子揃った嫌な苗字だなぁと思ってたから、すごく嬉しかったです。

syasin882.jpeg
咳が落ち着いたので今日は土方歳三資料館へ。私は3度目、オワ丸さんは2度目。特別公開の和泉守兼定は前回いっぱい記事書いたので多くは割愛しますが、改めて見ても良い刀だなぁと思いました。今までいっぱい色んな太刀や刀を見てきたけど、博物館にあるような、言い方は悪いけど大名が金にモノ言わせて豪華に仕立てた刀剣とはいい意味で真逆。職人が「斬る」という機能に一点集中して、しかもある程度量産も見据えて作られたはずなのに不思議とそれがカッコいい。機能美ってやつですかねぇ。
実際の歴史とは違うけど、アニメ「活撃/刀剣乱舞」で堀川君がこの刀を故郷に送らせない(※和泉守を土方さんの最期に立ち会わせるため)ように頑張っていましたが、もしそのまま歴史が変わっていたら確かに和泉守は土方さんと最期まで一緒に居れるけど、そのまま戦争の混乱でどこかへ紛失してしまってただろうし、この展示室の真ん中がポッカリ空いてしまう事になってたんだなぁと。。。函館戦争の激戦を思えば全然そうなっててもおかしくなかったし、そう思えばこうして和泉守を土方さんの実家で見れるというのは本当に奇跡のような事なんだなぁと思います。和泉守兼定が展示されるのは今期はあと5月26日のみです、興味のある方は、ぜひ。
今回の展示では50年ぶりの展示だという新選組伍長・島田魁さんの脇差、新選組隊士の中島登さんの手記など貴重な品も一緒に展示されていて新選組ファンにはとても胸アツな内容でした。石田寺にお参りして帰宅、モノレールを除いたらほぼ電車1本で行って帰れるって幸せ過ぎる。。。

コミティア128終わりました

128p_20190513_0001_convert_20190514000017.jpg

オワ丸です。コミティア128、無事終了しました。スペースに来て下さった方、どうもありがとうございました。今回は新刊や新柄ポストカードなど、新しいものが何も無かったので申し訳なかったです。クロミチが直前に風邪を引き、オワ丸が5月病だったために色々と準備が遅れに遅れまして、告知やら何やらが不十分だったなぁと反省しております。京都大阪遠征が楽し過ぎたから…!

当日クロミチが鼻声&ガラガラ声で、隣で聞いてても何言ってるか全然分からなかったんですが、感染るような風邪ではないようなので、スペースに来て下さった方々ご安心下さい。当のクロミチは到着早々「腹が減ったと」言い出したり、会場をウロウロして新刊をゲットしたり、お土産買ったりしてエンジョイしてました。人に酔って貧血だったオワ丸の方がグンニャリしてた。

今回もイラストブースだったので、イラスト集を一番手に取っていただいてたんですが、4年目?になってから「前回1冊買って面白かったので、他のもください」と大人買いされる方がチラホラいらっしゃって驚いています。あまりの太っ腹ぶりにこちらの計算が追い付かなくてお待たせしてしまったり…本当に嬉しかったです。それと、終了間際、大分昔の季刊エスでのポストカード企画で描いたクロミチの絵を覚えてて声をかけて下さった方がいて、本人めちゃくちゃ感激しておりました。どうもありがとうございました。

次回は11月?のコミティアを予定しております。また青海展示場なのかなぁ…駅の精算機少ないし、会場のトイレ少ないしスマホの電波弱いしで微妙だったけど…。2月のコミティアが終わった時点で、通販を5月に先延ばしにしましたが、申し訳ありませんが11月に延期にさせていただきたいそ思います。体調面等、諸々の準備が整い辛い感じなので。出られれば11月のティアで何かしら新刊があると思いますのでそれと合わせて通販出来たらなぁと思っています。

京都・大阪の旅

クロミチです、オワ丸さんが藤森祭の事を書いてくれたので、今回の旅行で訪れた他の場所の事などを。


今回お宿はいつもの駅に近いホテルではなく、京都の町家を1棟お借りしました。町家の1棟借りってお高いイメージがあったのですが、計算してみたらいつも頼んでる新幹線と宿泊が一緒になったパックの宿よりも安かった(ただし夕食・朝食は出ません)。
「京町家宿 京みやび」さんという、北野天満宮さんを南にまっすぐ10分弱歩いたところにあるお宿です。このお宿、内装がとにかく可愛いんですよ。最寄り駅は円町駅で少し歩かなきゃなんですが、ホテルの部屋では味わえない”京都に住む”っていう感覚を体験させてもらえてとても嬉しかったです。ゆっくり2泊して思ったのは、町の中にこれといったスーパーや商店街がないのに京都の人はどこで野菜とか肉を買ってるのかなぁと。。とりあえず北野天満宮さんがご近所さんっていうのがとにかく信じられない位嬉しくて、日暮れや夕飯後毎日散歩に行ってました。最終日には勿論、髭切さん・静形さんも見てきました。花江夏樹さんの解説がエンドレスで流れてたなー。

syasin880.jpeg
前回・前々回の旅で唯一行けなかった建勲神社さん。ここも宿から徒歩圏内です、階段死にそうだったけど京都の町が一望出来て新緑が爽やかだったなぁ。織田信長公をお祀りしている神社で、なおかつ刀剣乱舞の割と最初にドロップする事でお馴染みの宗三さんや薬研兄貴の写しを所蔵している事でも有名です(※今は展示期間ではないです)。社務所に鈴木次郎先生の生色紙が置いてあったけど、コピックで塗ってあるから陽に当たってだいぶ色が飛んでしまってました・・・。お参りしてご朱印をいただいたら、「でかした!」って言ってる信長公の判子が押してある紙が挟まってました。嬉しい。

syasin872.jpeg
5/5の藤森祭がお昼過ぎからだったので、午前中は平等院へ。GW中という事もあってここは観光客だらけ。今回ここへ来たのは獅子王のじっちゃんこと、源頼政公の最期の地を見る為です。頼政は同じ源氏の中でも源頼朝側から見ると裏切者にも見える部分(源氏も色々あるから・・・)もあるけれど、打倒平清盛を掲げて最期まで戦い抜いた、立派な源氏の武士だと私は思います。平等院は、頼政が平家打倒を画策してる最中に計画がバレてしまい、奈良方面へ逃げる途中、一緒に挙兵した以仁王を逃がす為に頼政が陣を敷いた場所です。宇治川の橋を落としたりして粘ったものの、平知盛(歌舞伎では壇ノ浦でイカリを巻き付けて入水する猛将)の大群に押され、この地で自害したそうです。

syasin875.jpeg
頼政が亡くなった「扇の芝」。自害する際に太刀で腹を突いたそうですが、その太刀が果たして獅子王だったのかどうかはわかりません。そうだったとしたら切なすぎるけど。。。

syasin874.jpeg
多分知ってる人しか来ない、平等院の裏に頼政のお墓があります。とてもきれいにしてあって、平等院も見えるしここだったらバッチリ安らかに眠れそうって位、お墓の立地が最高でした。お墓の周りをヤマガラの群れが楽しそうに遊んでたなぁ・・・!あんなにのどかで平和なお墓初めて見たなー。辞世の句は悔しさや自嘲がにじみ出てる切ないものだったけど、あの世では安らかにしてるんだろうなって位、とても良いお墓でした。

syasin873.jpeg
平等院の鬼瓦、ちょっと獅子王の連れてる鵺(ぬえ)に似てると思ったなー。

syasin876.jpeg
最終日、大阪の石切劔箭神社へ。台風で被害の大きかった絵馬殿が治っていてホッとしました。修繕の寄付に参加したら、後日お礼の手紙が来てびっくりしたー。そうそう、宝物殿へ行く前にオワ丸さんと一緒に今回もご祈祷を受けました。ちょうど1年前に受けたのですが、長年患ってた持病が医者も驚くくらいピタッと止んだから。前回1人だけ「家内安全」という願いで神様の前で名前を読み上げられたオワ丸さんは、今回は皆と同じく病気回復にする!と。病気平癒の神社ですからね・・・家内安全は目立つのかもです。ちょうど外耳炎で医者に通っているので「耳のはれ(腫れ)」と書いた紙を巫女さんに渡したら、「右の耳ですか?左の耳ですか?」「え!両方?」「喉からくる症状ですか?」「治療中ですか?手術は?」と詳しく尋ねられ、ご加持の先生にも同じ事を聞かれ、照れまくっていました。あの神社は本当に病院の問診みたいに症状を細かく聞いてくれるんですよね。

ご祈祷の後、宝物殿へ。石切丸、小狐丸、小烏丸が仲良く並んで展示されてて微笑ましかったなぁ~。縦型の展示は初めて見ましたが、刀の姿がじっくり見れて良いですね!(横向きだと、白い布が邪魔で刃紋がよく見えなかったりするし・・)。小狐丸は想像より小さくてかわいかった。小さいけれどちゃんと三条の雰囲気があって、エッヘン!と得意そうに立ってる小さな小狐丸を想像してしまいました。ちょっと描いてみたい・・・!小烏丸は新しい刀というのもあってか白っぽくピカピカしていましたが、形はやはり異質で不思議な感じでしたね。石切丸は去年京都の「京のかたな展」で見た時よりスマートに見えました。そもそも細い刀だけど縦型展示だったからかな。かたな展で三日月さんを見た時に「薄い氷か何かで出来てるみたい」とオワ丸さんと言ったことがあったのですが、それに限りなく近い感じ。スーッときれいで、いつまでも見飽きない。本当にきれいな刀でした。。。復元プロジェクトでこの刀が昔の姿に復元されたら、多分雰囲気全然違うんだろうなぁ。それこそ悪源太と呼ばれた源義平が持ってたような、勇ましい姿になるんかなぁ。。配られてたプリントだと完成した復元刀は1カ月だけ公開して、あとは神様に奉納するそうです。神様の持ち物になるという事なので今後一切公開される事はない、との断言でした。石切丸の本歌はこれからも変わらず公開されるという事でしたが、貴重な1カ月になりそうですね。

syasin879.jpeg
宝物殿から出て、石切丸のパネルの置いてある部屋へ。刀剣女子しかいないかと思ったら意外にお年寄りが沢山。多分椅子に腰掛けたかっただけなんだろうけど、爺さんも婆さんも復元刀プロジェクトのPVを感心しながら見てらっしゃって。そして絶対分かってないと思うけど、石切丸のパネルを「かわいい」と言いながら写メしてたり!せっかくだから私も撮ろうかなと、リュックをゴソゴソしてたら警備員さんがススーッと来て、小さい声で「壇上に上がって一緒に撮影できますよ・・・!」と言って去って行きました。なっ、何で?周りに他にもいっぱい人いたのに!オワ丸さんにその事言ったら「おまん(おまえ)がよっぽど壇の上に上がりたそうな顔してたんだろ」と。待て待て待て、そんな顔してないよ!

syasin877.jpeg
最後に神社の東側にある神馬のいる厩舎へ。エサを与えないで下さいと書かれてたけど、優しい顔の神馬は柵から首を伸ばして外の草をモリッモリ食べてたなぁ。おかげで柵の周りの草が、1周キレイになくなってて(笑)。すさまじい食への執念、かわいかったです。石切神社へは復元刀が公開されたらもう一度来たいな・・・、今回本当に楽しい旅すぎて、オワ丸さん共々しばらく余韻から抜け出せそうにありませんわ。。。

驚きの祭

オワ丸です。クロミチと前々から計画していた京都・大阪旅行第3弾、行ってきました~。今回は毎年5月5日のこどもの日に藤森神社さんの藤森祭で行われる「駈馬神事」を見る事が目的の一つ。この神社は刀剣乱舞で私の推し刀「鶴丸国永」が奉納されていた神社です。以前鶴丸の写しが公開していた際に訪れたんですが、宝物館内の壁に”走る馬の背で逆さまになったり、扇を広げている氏子さん”の写真が沢山飾られていました。不思議に思って調べてみると1200年の歴史がある神事であり、すっごい面白そうでした。(藤森神社さんのHPに詳しく載っています)

実際こんな感じの神事です。↓

syasin869.jpeg
約180メートルの参道の馬場を失踪する馬の背中(この場合は首元?)で様々な技を繰り出します。馬は地方競馬でイイ所までいったガチの馬。現代的な防具は一切ナシ。命綱もありません。

syasin868.jpeg
逆さになって足に扇を挟んでいます。「何故!?」と思うような技も生で見るとスゴイんです。迫力も馬の速さも本当に想像以上で、来たー!と思ったらあっという間に通り過ぎてっちゃう。オワ丸達が見ていた場所には走り出しから5秒もしないで駈けてきました。止まれずに拝殿まで突っ込んでいく元気な馬や、技の途中で落馬する乗り子さんもいました。けど乗り子さん達の、誇らしい顔で発走位置に向かう姿がとてもカッコイイんです。

syasin871.jpeg
こちらは「一字書き」という技、写真では止まっているように見えるかもですが、実際は全力疾走状態です。今回は新元号になって初めてのお祭りだったので「令和」の二字。ええ、まごう事なき令和。書いた後で左右の沿道の参拝者に字を見せるまでが一連の技なのでこれも大変。

何処にいたのか全然わからなかったんですが、駈馬神事の説明・解説や乗り子さんの紹介をしてくれる、スピーカーから聞こえるオジサンの話し方がいちいち面白くて楽しませてもらいました。予定と違う技が急に出たりすると、「先に言うてや~」とぼやいたり、技が失敗すると「彼はもう、二度と同じ失敗をすることはないでしょう」と壮大な感じにまとめたり、発走が遅れていると「その紫(手綱)の馬誰が乗るんや!」「馬、遊ばせてたらあかんよ!」という声まで丸聞こえで非常に和みました。あの声の主は影の功労者です。

今回クロミチが頑張って沢山写真を撮ってくれました。オワ丸は2枚しか撮らなかった…クロミチは50枚近く撮ったみたいだけど半分くらいは馬が画面に収まってなかったそうです。それくらいの一瞬のスピード!もう少し神社が近い場所なら毎年見に行きたいくらいだなぁ。そういえば境内で買った焼団子、みたらし味にきな粉をまぶしてくれてすごい美味しかった。あれは一体何団子…?