FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

過去ログ

お疲れさま、稀勢の里関

クロミチです、朝起きてニュース観て、ついにこの日が来てしまったか・・・と。稀勢の里、ついに引退ですね。。。

丁度自分が相撲にハマった頃、朝青龍が全盛期で栃東も魁皇もバリバリ強くてって時代、十両にめちゃくちゃ若い「萩原」っていう力士がポンと出てきた印象でした。当時は大相撲の人気がどん底の時で横綱の取り組みでさえガラガラに空いた館内がよく映っていて、十両は中継しない時も多かったから萩原という力士の顔はわからないけど、場所を追うごとにどんどんその名前を聞くようになって。「稀勢の里」というしこ名に変わってからは、いじけたように口をとんがらせて顔を真っ赤にしながら年上の力士に本気でぶつかっていく姿にとても燃えました。熱い相撲と、赤色っぽい廻しがよく似合ってたから。大好きだった日馬富士もそうだったけど、何というか、この2人は「忖度のない相撲」をとる力士だったんです。大相撲界が八百長で揺れた時も、「稀勢の里は人とつるまずひたすらトレーニングばかりしてるからシロだ」みたいな事言われる位、いつもボッチで相撲一筋な人でしたね。
土俵上では自分より上位の人との取り組みは何秒も睨み合ったりしてすさまじい熱戦を繰り広げるのに、下位の力士には燃えるものがないのかあっさり負けてしまうなど、相撲内容にムラッ気があってなかなか優勝出来なくて。。。魁皇のような必殺技もなかったけど、それでも、横綱が独走状態の時など「稀勢の里なら何とかしてくれるんじゃないか」といつも期待してしまう位、変な所でやたらと強かった。そういえば自分が国技館へ観に行く時、なぜかオレンジ色の法被を来た牛久の応援団の人達に遭遇することが多く、地元にめちゃくちゃ愛されてるんだなぁといつも思っていました。
稀勢の里が横綱に上がった時には相撲人気がすごい事になってて全然チケット取れなくなってしまったから、稀勢の里はテレビの中でしか観れなくなってしまったのですが、1度だけ生で土俵入りを見ることが出来ました。朝赤龍の引退披露の時・・・じゃないかなぁと思うのですが、正直時期はうろ覚えです。でもすごく感慨深くて嬉しかったのを覚えています、ああこの姿がこれから毎場所見れるんだと思っていたのですが、生で見たのはあれが最初で最後になってしまいました。。。
書いててキリがねぇやと思う程、沢山の思い出をくれました。昨日、ライバルで同期の栃煌山に負けた時、「うん」と小さく頷いたから、ああこの人の中で何か納得したんだなと。どちらかというと怪我をしてても無理させる気風の部屋ではあったし、横綱になる時期が遅かったから長命ではないだろうと思ってはいたものの、それでもこんなに早く土俵を去ってしまうなんてなぁ・・・。引退披露は人気で多分チケット取れないんだろうな、大好きな力士だったから本当は最後まで見送りたかったけど・・・。

今日の取り組み、稀勢の里はもう出ないけど、不戦勝の幕をしっかり見届けようと思います。
稀勢の里関、本当にお疲れさまでした。

帰省中のあれこれ

オワ丸です。遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。クロミチ共々今年もよろしくお願い致します。
ino2019_convert_20190104215300_convert_20190108215737.jpg
このところ毎年恒例のオワ丸クロミチの合作年賀状が結構いい感じに出来ました。しばらくはサイトのトップページ絵にしているつもりです。毎年それぞれが一人ずつキャラクターを描き合ってそれとなく”おめでたい”雰囲気にまとめるんですが、今回クロミチが「ちゃんと作品としてカッコイイのが描きたい」と言いまして、クロミチは猪を、オワ丸が人物をそれぞれ描いています。個人的にはクロミチの描いた猪の毛並みがなかなかカッコイイ感じに仕上がっていると思います。おめでたいかはさておき…。

syasin853.jpeg
帰省中、あちこちの池へドライブ。いつも行く近場の池は凍っていたり風が強かったり、時間帯が合わなかったのかあまり鳥がいませんでしたが、ちょっと足を伸ばして行った遠い池には白鳥やらカモやらオオバンがわちゃわちゃいました。手ぶらで近づくとサーッと逃げていくのに、近くのお宅で頂けるエサ用のパン耳を見た途端にアイドルのライブ会場みたいな盛り上がりになります。現金なやつらよ…。野鳥に餌付けするのはいかがなものかと思いながらも、パンをあげると非常に(鳥に)モテます。オワ丸はオオバンが好きです。渡り鳥の中で唯一名前が分かって、なおかつクチバシの色が可愛い。

syasin851.jpeg
ばあちゃん家に立ち寄った時に、玄関に置いてあった金魚の水槽がこんな状態だったので非常に驚きました。現在ばあちゃんは老人ホームで生活してて、この家には体が不自由になってしまったオワクロの叔父が一人で住んでいる為世話が出来ないとの事でした。水嵩も減ってフンまみれのコケまみれの中で泳ぐ金魚をどうにかせねばと、実家で飼えないか父母に相談したものの取り合ってもらえず、話がかみ合わずに新年早々ケンカになりました。叔父に実家で金魚は飼えない事と、母とケンカして飛び出して来た事を話すと、普段術後の後遺症でぼんやりしている叔父がゲラゲラ笑って「いいわね、いいわね(いいよ、いいよ)」と言ってくれたのでちょっとホッとしたし、頭が冷えました。次の日、クロミチも協力してくれて金魚の水槽を大掃除しました。水槽と砂利を洗い、水を入れ替え、多少放っておいても水が濁らないように”ろ過機”を入れました。その結果…


syasin852.jpeg
ちゃんと金魚の姿が見える!(左の金魚は縦になってますが潜ろうとしているところです。浮かんでいるわけではありません)あまりに元が汚かったので、掃除をして水が変わってしまったら逆に金魚にストレスを与えるんじゃないかとドキドキしてたんですが、一日経ってもちゃんと元気にしていたので大丈夫だと思います。この状態が一体いつまで続くのか、水嵩が減ったらどうしようとか、ろ過機のフィルターもいつか交換しなきゃいけないとか色々不安はあるんですが、とにかく金魚が無事で良かった。親とケンカしてでも掃除して本当に良かった。次に帰省した時にどうなっているか分からないけど、無事に過ごしてくれていたらいいなぁ。

自家通販のお知らせ

■しばらくこの記事がトップになります


自家通販開始しています、サイトのトップページから、もしくはこちらからも通販ページに行けます。→自家通販ページへ

お取り扱いは、
オワ丸の新刊「AKUTAPIA㊦」、既刊「AKUTAPIA㊤」「ヒキダシ屋①~④」「カミズモウ」「きんぎょ屋コチュウテン」。
クロミチのイラスト本「赤のまにまに」「青のかたわら」。
※ただし、「きんぎょ屋コチュウテン」のみ、残り1冊なので売切の際はご容赦ください。

12月23日の日付が変わるまで受け付けております、どうぞご利用くださいませ。

はわわわ

クロミチです、刀剣乱舞、ついに大太刀の極2振りがシルエットだけ公開に・・・!帽子や袴までおそろい?で対になってる太郎さんと次郎さん、まさかの神様っぽい極め方で、オワ丸さん共々、今部屋の中ですさまじい位悶々しっぱなしです。今、秘宝の里で8万7千玉まで来てるんですが、オワ丸さんが「豊前江がどうでもよくなるレベルでヤバい」と、ヤバいヤバい連呼しててヤバいです。自分もオワ丸さんも実は大太刀が一番好きな刀種なんです・・・!!!
は~、やっと落ち着いて・・・きませんね!もうずっとシルエットを穴が開くほど見てばかりです。刀は蛍丸っぽい担ぎ方なのかなぁ、熱田神宮やこの間の京都の展示で実物を見た限り、実際にあの大きさ・重量の刀を担いだらむしろ機動が下がりそう。。。それにしてもてっきり次郎さんは花魁みが増して極めてくるんじゃないかと勝手に思ってたのですが、神社みが増した方面へ極めたんですね、ぽっくりも履いてないみたいだし袴だし。でもちゃっかり酒(杯)を持ってるっぽいし、頭のカンザシは残ってるっぽいし、鎧を付けたバトル巫女さんの線も捨てきれない・・・。オワ丸さんは袴の色が赤じゃないかと言っています、どうなんだろ~・・・。太郎さんは帽子を被っただけでほぼ旧デザインとシルエットは変わらないように見えるけど、真剣必殺で真柄直隆みが増してたら燃える・・・でも多分そっちにはいかないんじゃないかなぁと思います。神風レベルの暴風の如しになるんじゃないかなぁ。
syasin837.jpg
熱田神宮の宝物館の入口で、案内看板のついでみたいに飾られてたあの太郎さんが。。。いや、あの特別なのか雑~なのかよくわからん扱われ方すごい好きなんだけど、また見に行きたくなってしまうなぁ。。。
ん・・・?どうでもいいけど改めてこの写真見たら、左の人内番の長谷部っぽい?

実は数日前からすい臓?が痛くて今日CT撮って寝てたんですが、起き上がったり寝返りが出来ない位痛い時もあるはずなのに、太郎さんと次郎さんの極シルエット見たさに「ぬあぁぁぁ極ぁぁぁ!!」と叫びながらすごい勢いで起き上がれて・・・もう治ったんじゃないか?ホント2人のご神威のおかげですだ、アリガタヤ~。何かこう、次郎さんの「ついにあのプラプラ呑み歩いてた次男が本気で家業継ぐ気になったってよ!」って感じの頼もしいシルエットがいいですね。オワ丸さんは「幼稚園の年長さんの息子達が卒業するか、発表会がある親の心境」と言ってました、あんなデケェ年長さん達いてたまるかと思いつつ解るなぁ、初めて味わうドキドキ感です。うちはとうらぶスタート遅かったし、今まで修行で極になった子たちもドキドキはしたけど(秋田君、今剣はバッドエンドじゃないかと手紙を見るのが違う意味でドキドキした)、でも他の本丸では皆もうとっくの昔に極めてて普通に演練でボコられたりもしてたんで、「うちの子がやっと!」というよりは「うちの子がやっと(追い付ける)!」的な気持ちもあったかも。今回は初めてそうじゃないし、しかも一番好きな刀種の子らですからもうじっとしてられない。

まだ発表されてはいないけど、一番好きな刀種の大太刀の中でも一番好きな石切丸のシルエットが出たらどうなってしまうんだ私らは。あ、オワ丸さんが墓を掘ろうと言っている(笑)・・・なになに、死んでもPCを墓に持ち込んでおけば生き返った時大丈夫だって?そいつぁすごい便利・・・じゃなくてそれエジプトのミイラと同じ考え方じゃん!ダメだ、もう二人しておかしくなってますわ・・・。

コミティア126お疲れ様でした

クロミチです、コミティア126無事に終わりました。スペースに立ち寄ってくださった皆様、本当にありがとうございました。
comitia126_convert_20181126173555.jpg
当日配っていたペーパーに色を塗ってみたのですが、ドーナツ塗ってたらお腹がグーグー鳴りました。

今回のコミティア、既刊を全種類持って行ったらスペースに置ききれないというのが判明して。ポストカードや原画も持って行ってたので更に机の上が大変わちゃわちゃに・・・何という無計画、見本が取り辛かったりして申し訳なかったです。それでも新刊・既刊を買って下さった方、お菓子を持ってきて下さった方、ピクシブを見てきて下さった方、本当にどの方もお優しかった・・・!オワ丸さんがペンタブ講座へ勉強しに席を空けてる時間が多かったのですが、感想などは全て伝えておきました。前回のコミティアでヒキダシ屋の1巻が売り切れてしまった際に2・3巻から読み始めてわざわざ1巻や4巻を買いに来て下さった方が何人かいらしたのですが、それを知ってとても喜んでおりました。新刊のAKUTAPIA㊦は続き物だったので売れるか不安だったみたいです、上下巻共に買って下さる方が多くホッとしたようでした。
自分はよく画材について聞かれることが多かったので説明用に原画を1枚持って行ったのですが、原画を見ても「・・・??」と困惑される方が多くて。オワ丸さんによれば、イラストと原画が同じ大きさだから逆に本物っぽくなく見える(苦笑)のかもと。大きい絵を持っていった方が良かったですね(;´д`)トホホ・・・。

次の2月のコミティア127にも参加予定です。スペース内でもオワ丸さんと話していたのですが、オワ丸さんのイラスト集を作る計画を立ています。今まで何回か提案したものの「きっと売れない」の一点張りで頑固おやじの如く作ろうとしなかったのですが(←ホントに勿体ない!)、頑張って描いた投稿絵もだいぶ溜まってきたし一度まとめてみようと。オワ丸さんの絵は横型が多いのでどんな形態の本にするか、どの絵を入れるかはこれから詰めていきます。しばらくお待ちくださいませ~。

そしてサイトの方にて自家通販を12月23日まで開始しました。サイトからも行けますが、こちらにもリンク張っておきます→自家通販ページ
遠方の方はぜひご利用下さい。一気に寒くなりましたので、皆さまお体ご自愛くださいね。

ばあちゃんちの庭

クロミチです、明日のコミティア126、自分は新刊も新しいポストカードも間に合わなかったので頑張ってオワ丸さんの新刊売ります!スペースナンバー「A22b」、スペース名「トリノイルトコロ」でオワ丸さんと一緒にお待ちしています。

久々に絵を描きました。
この間七回忌で帰省した際に、ほぼ寝たきりになってしまったばあちゃんに自分のイラスト本見てもらったことが自分の中でとても大きい出来事だったので、今度は大好きなばあちゃんの家の庭の絵を描いてみたいなぁと思うようになりました。

下書き。この時点では右下のタコブネは何にするか決まってませんでした。
syasin849.jpg
ペン入れ。植物描くの苦手だから、葉っぱがわちゃわちゃで頭の血管切れそうになる。
syasin850.jpg
色塗り。ばあちゃんは編み物がすんごい上手くてよく薄紫の割烹着を着てたんで女の子に反映させ、頭にはばあちゃんが好きなアカパンサスの花を。あとは思い出せる限りのばあちゃんちに植わってた植物を描き込みました。オワ丸さんにも思い出すの手伝ってもらって。時計回りに柿、山桜、椿(赤・白・八重のピンク・紅白のマダラ各種)、鶏頭、都忘れ、ラッパ水仙、祖父(おいちゃん)の育ててた松・錦鯉、ツツジ、菖蒲(アイリスだったかも)、桔梗、一番奥に小菊。季節関係なしです。花って色が決まってるから、逆に難しかった・・・。ばあちゃんにイラスト本見てもらった際、ほぼ寝たきりだから「オフィーリア」みたいな恰好で本見てたのが少し気になって帰宅後同じ光源、同じポーズでイラスト本見てみたら、暗い色の絵が少し見辛かったんですよ。なので今回は自分にしてはちょっと無理してカラフルにしました。地面も最初は明るい黄土色だったんですが、さすがにそれは周りの色とケンカしまくったし、よく考えたらばあちゃんちの裏庭って花や実はいっぱいだけど鬱蒼としたヤブ蚊の宝庫だったよなぁと、青を足して暗い緑に。真ん中の煙出てるのはドラム缶です。畑の草やゴミをあれで燃やして灰を作って畑に撒いてたんですよ。燃やす係を率先して引き受けてたから、今思えばダイオキシン浴びまくってたと思う。

終わってみれば何だかんだで気に入った絵になりました、好きなモノしか描いてないからかなぁ。年末帰省した際、この絵をばあちゃんに見せる機会があるかどうか・・・。おいちゃんの時に痛感したけど老人ホームでほぼ寝たきりって、本当にすごい速さで老いてしまうから、次会った時話せるか・・・そもそも自分だと分かってもらえるかどうかすら本当は怖い。そういう怖い気持ちと覚悟も込めて描きました。本当にね、この世に無限に不変なんてものはないですわー。

AKUTAPIA下巻



オワ丸です。すっかり忘れて「京都行ってきた!」とかしか書いてなかったけど、AKUTAPIA下巻出来上がりました。次のコミティアでは新刊あります!下巻の全景はオワ丸のピクシブで見れます。

AKUTAPIA 上巻の表紙を描く時に、「今回はちょっとスタイリッシュにカッコイイ感じにしよう!」と頑張ったはずが、出来上がってみたらいつもとあんまり変わらない雰囲気で凹んだ覚えがあったので、下巻こそはと思っていたところ…風邪を引き、下書きから塗りまでずっと熱がある中での作業だったので、ハッキリ言って描いた記憶が無い。具合が悪かったから、いつもより原画の大きさを小さくしたのと、クロミチとAKUTAPIA の文字の色を「うっすら透けた黒がカッコイイねぇ」と決めたのだけは覚えてるんだけど。とりあえずこうやって上下巻を並べてみるとなんだかちょっとカッコイイような気がするんで、当初の「スタイリッシュでカッコいい感じ」のリベンジは出来たかなぁと思います。描いた記憶はないんだけど…。あ、申し訳ないのですがAKUTAPIA 下巻は過去最厚のページ数になってしまいまして、400円だとほぼ赤字なので500円にさせていただきたいと思います。上巻は変わらず400円です。よろしくお願いします。

次のコミティア126、スペースナンバーA22b「トリノイルトコロ」でクロミチとお待ちしています。新しいものは多分下巻しかないと思いますがよろしければお立ち寄りください~。