FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

過去ログ

web拍手お返事

オワ丸です。お名前がなかったのでweb拍手に「あいことば」の感想を送りたいと8月27日にメッセージを下さった方、お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした!
当時web拍手自体は機能していたものの、ホームページを作っていたパソコンが古くなってweb拍手を確認することやメールに転送することが出来なくなっていて、メッセージに気付くのが大変遅くなってしまいました。せっかくコメントいただいていたのに1か月以上もお待たせしてしまいまして…。

コミックリュウに読み切りで掲載された「あいことば」を覚えていてくださって本当にありがとうございます。生まれて初めて描いた漫画なので、もう酷評も覚悟ですのでよろしければ感想をお送りいただけましたら嬉しいです。

感想の送り先はメールでしたら  
torinoirutokoro82★gmail.com (★を@に換えてください)

あとはTwitterのメッセージ機能でもどちらでも大丈夫です。よろしくお願いいたします。


 
スポンサーサイト



ホームページ「トリノイルトコロ」閉鎖のお知らせ

クロミチです、すっかりこちらでの更新が途絶えてしまい申し訳ないです。

さて、タイトルでも書きましたがこの度オワ丸さんと共同で運営しているホームページ…というか共同の絵置き場「トリノイルトコロ」を閉鎖することに致しました。かなり急なお知らせになりますが、9月29日中でHPを消す形となります。

7月頃だったか、今使っているドメインが使えなくなるので移行か終了を考えてください~とお知らせが届きました。その時はオワ丸さんも自分も忙しさがピークで「あ、あ、あ、後でいいや~」とスルーしてたのですが、ようやく今、手が空いて色々調べてみたところ移行の形を取るとサイトを維持する為に年会費が発生してしまう事、そもそもHPを管理しているパソコンが古すぎてメールもインターネットも通じづらくなっている事などがわかり、急遽オワ丸さんと協議をした結果、情報発信の大半をツイッターで済ませている現在、ホームページとしての「トリノイルトコロ」は役目を終えたかなぁという意見に至りました。まぁ実際、続けたくても続けられない状態なんですね。

今でもオワ丸さんとは一緒に頑張っているものの、去年辺りからオワ丸さんは商業漫画が・自分は本業の方が例えとかでなく本当に寝る間もない位忙しくなってしまう事が増え、2人共絵を描く時間やブログを書く時間が一切取れない状態になっていました。そしてこの状態は今年以降も続く感じでして、それならばツイッターで気楽にやっていけばいいんでない?と。自分達の好きに作りまくったホームページの場がなくなるのは寂しい気持ちもありますが、これからはそれぞれのpixivを絵置き場に、日々の事はツイッターに…と形を変えてやっていこうと思います。コロナ禍で状況も変わるかもですが、コミティアにも今まで通り参加出来たらと思っています(ただ今現在は売り子1人制みたいだから様子見ですね…)。
あ!こちらのブログサイトですが、こちらは残そうと思います。何だかんだで実はホームパージとは独立した形になっていまして、今回のドメイン云々問題とは無関係なんです。とはいえブログサイト…と言いつつおそらくコミティアとか自家通販、オワ丸さんの漫画のお知らせ等のみの更新頻度の低~~~いサイトになるかと思いますが、オワ丸・クロミチ両名でやってる「トリノイルトコロ」の出窓的な、受付窓口みたいな形で残せたらいいねと。

ホームページは2008年から始めました、10月で12年目だったんですね。当初の目的は「オワ丸さんが絵で食ってく為に絵を紹介するホームページを作らねば!」というのが目的で、慣れない技術書を片手に奮闘してましたが、季刊エスへの投稿を通じてオワ丸・クロミチ両方の絵を発信する場になり、気づけば沢山の方々があたたかい声を届けて下さいました。この時間は私達2人にとって本当にありがたい、大切な時間となりました。
この場を借りて御礼申し上げます、長きに渡り本当にありがとうございました。


……とね、何か全部終わるみたいな感じになっていますが、上記の通りこのブログサイトもピクシブもツイッターも続きますので、引き続き思い出した時でもそれぞれ見に行ってくださるとありがたいです。最近は絵の事よりもゲームの事ばかり書いてるから身の無い話になってしまってますが(苦笑)。あとweb拍手・、メールが使えない状況なので急ごしらえではありますがメールを開設致しました。新しいメアドは

torinoirutokoro82★gmail.com   (注: ★を@に変換してください)

…です。ちゃんと上手く使えるのか試してないので不安ですが、なにかありましたらこちらの方へご連絡いただけると助かります。オワ丸・クロミチ共通で使っていますので、それぞれに用事がある際はどちらかの名前を明記してくだされば大丈夫です。

それでは「ホームページ・トリノイルトコロ」という大きな船はなくなりますが、それぞれ小さい足漕ぎボートに乗り換えてオワ丸とクロミチはこれからも並走していくので実はあんまり変わらない私達を、どうぞよろしくお願いいたします。オワ丸さんの漫画「御加々町猫ヲ愛デル會」の2話目が載った「ねこぱんち 14周年号」も発売中ですのでこちらもぜひ。
ではではまた!

75回目の弔い

クロミチです、今日5月25日に合わせて1枚落書きをしてました。刀剣乱舞の御手杵です。
otegine_convert_20200524192348.jpg
少しだけ解説しますと、彼はゲームの中で3人しかいない槍のうちの1人で、見た目ちょっと地味でいつも他力本願でヘタレで他の槍2本に自分が劣っているとコンプレックスを抱えながら、でも出陣で誉を取ると喜んではしゃぐ、大きな子供みたいなお兄さんです。槍は約3,8mと巨大で、名前の由来になった印象的な形の鞘も含めるとMAX(雨で水分を含むと)重さ約40kgと、とてもこれを常人が持って参勤交代など出来る代物ではありません。だから星野源さん主演の「引っ越し大名」という映画で高橋一生さんが御手杵の槍を振り回して敵を蹴散らす姿は感動&圧巻でした。日本号・蜻蛉切と共に数ある槍の中でも「三名槍」と呼ばれとても大切にされてきましたが、東京大空襲で焼失してしまいました・・・。

現在の大久保にあったという松平家の家宝などが収められていた蔵、彼は参勤交代の旗印の役目を終え余生をのんびり過ごしていたのでしょうが第二次世界大戦末期、戦火が東京にも届くようになりました。当主の方が「蔵の宝を守る為に土に埋めておけ」と旧家臣の方に言いつけたそうですが、「大事な宝を土に埋めるなんて出来ません!」と、御手杵などをそのまま蔵で管理していた所、空襲で焼夷弾が蔵を直撃。更に運悪く大事な宝を湿気から守る為に蔵には大量の炭が敷き詰められていたそうで、それが燃え広がり蔵の中は溶鉱炉状態に・・・御手杵は他の宝もろともドロドロに溶けてしまったそうです。大事に大事にされてたが故の不幸過ぎる出来事です。。。

今の所ゲームでは第二次世界大戦を扱ったステージ等は無く、果たして今後もその時代へ行き来できるかは分かりませんが(多分色んな事情で近代は幕末ステージまでじゃないかなぁと思ってる)、5月25日の今日だけ、御手杵はあの時代のあの蔵へ行って、どうせ燃えて無くなるからと菊の花でも手向けるんじゃないかな、それ位なら歴史改変とか言われずに許してもらえないかなぁと思いながら彼の絵を描きました。火災や瓦礫を描いた案もあったのですが、あまりそれらを直接的に描きたくなかったので菊の花から緋色の煙が立ち上っているイメージにしました。絵を描くにあたって東京大空襲の記事を調べたのですが、どうやら今自分の住んでる地域も被害があったようなので全然他人事じゃないんですよね。

御手杵はうちの本丸に33番目に来てくれました、槍の中では一番最初。あまりに地味過ぎて当時の自分の日記にも全く来た事が書かれてないような存在だったのですが、今では他の2槍と共に演練のエースです。これからもうちの本丸でのんびり日本一を目指してほしいです。。。

エアコミティア

クロミチです、先週の日曜は「エアコミティア」に参加していました。本来ならコミティア132が開催だったのですが、コロナの影響で開催中止となり、代わりにツイッター上で作品や自スペース紹介などを発表する場「エアコミティア」を設けてみんなで盛り上がろう!というもの。

盛り上がるかどうかは別として、せっかくの機会なので参加しようと2日前に誰に配る訳でもないけどペーパーの絵の下書きを描いていたところ、次の日歯に激痛が。。。以前治療した歯がグワングワン痛くなって仕事も絵も寝ることも食べることも出来なくなってしまいました。幸いすぐに歯医者さんで診てもらえたのですが、帰宅後も痛みは続き、締切が迫っていた仕事を優先してペーパー絵を断念することに。

が、コミティア当日になったらケロリと痛みが引いたので、昼ご飯の後ペーパー絵を完成させてみることにしました。それが13時、エアコミティア終了時間が15時半。サイズがいつもの倍の大きさだったのと、色塗りも入れたらとにかく時間がないという事でラフ絵に紙を重ねて下書きなしで上からペンでなぞり、絵をPCに入れてひたすら塗りまくり・・・完成したのが14時半。
132paper_convert_20200517142433_convert_20200518235931.jpg
思いのほか時間余ったなと思い、その後も落書きを描いてはエアコミティア終了までツイッターに載せていました。フォロワーさんを始め、普段会場でも会えるかわからない、顔も名前もわからない沢山の方々がペーパー絵を見て下さったようで、大変充実した時間を過ごさせていただきました。アドレナリン出まくってて気づかなかったけど、多分朝から歯の腫れからくる熱があったようで、その熱のせいか普段以上の力が出ていたようです(腫れが引いたら1日で平熱に戻りました)。

オワ丸さんは今月いっぱいの漫画原稿作業でエアコミティアには不参加の予定でしたが何やら自分が面白い事をしてるように見えたらしく、ラスト30分で絵を描き、絵の具で色まで塗り、エアコミティアが終わっても尚もう1枚絵を載せていました。終了時間を過ぎたからと言って投げ出したりいい加減なものにせず、きちんと色まで塗る辺り、性格出てるなぁと思います。この辺りの絵はそれぞれのツイッターを見ていただければ幸いです。いつもコミティアの会場では座ってばかりでして、とにかく人前で絵を描くのがお互い苦手なので、こんなに絵を描いて”コミティアっぽい事”したの2人共初めてだよなぁと苦笑いしました。

次回のコミティアは9月開催との事ですが、コロナ関係ナシに暑い時期はうちのサークルは不参加なので、受かれば11月のコミティアに出れたらいいなぁと思っています。その前にオワ丸さんの猫漫画が6月中旬頃掲載されるので、まずはそちらを楽しみにしていただけたらと思います。また近くなったらお知らせ致します。

近況

クロミチです、ブログではお久しぶりです、ついついツイッターが楽過ぎてそちらにばかり書き込んでおりました。自分もオワ丸さんも元気に日々過ごしておりますが、今年は帰省しないので山菜採りも畑の手伝いも出来ず悶々しています。

まずお伝えしなければならないのが5月17日に開催される予定だった「コミティア132extra」がコロナ対策の為開催中止の件。そもそも3月の時点で2人で話し合い、感染しない・させない為に今回は参加をキャンセルしようという予定で動いていたのですが、開催自体がなくなってしまいました。次回の参加ですが、これもまたコロナの影響でいつになるかわかりません。暑いのが嫌なので仮に来年の夏に開催、となっても参加はしないでしょう、コロナが収束した夏以外の時期にまた参加出来たらと思っています。
自家通販を開けっ放しにしようかとも考えましたがなかなか難しそうなので気長にお待ちいただければと思います、でも何かご要望等ありましたら、メールかツイッターの方にご連絡いただけたらと思います。メールチェックはあまりしないので返信は遅くなると思われますが(汗)。

あとは発売中の[サムライねこぱんち 花の陣][ねこぱんち 春ランチ号no.164]に掲載されてるオワ丸さんの描いた漫画「武士ねこ始末記」をもっかい告知。今読み返すと締切ギリギリで徹夜作業してたせいかタッチやベタが抜けていたり服装間違えてたり色々やっちまっててお恥ずかしいのですが、かっこいい爺さんが描けたよなーと2人で珍しく満足してる作品です。コロナで外出できずお時間持て余してる方はぜひ、読んで楽しんでいただけたらと思います。他の作家さんの猫にまつわる話も面白いですよ!

自分はここ10年近くテレワークなので格段コロナだからって仕事が休みになる訳でもなく、普段と全く同じ生活なのですがオワ丸さんが心配ですね。。。食品のレジ担当だから店は休めず普段通り、むしろ商品を求めて普段より人が押し寄せて来て対応に追われ家に帰ってもグッタリしてご飯後すぐ昼寝してしまう状態。普段と違う対応、迷惑な客等々心身ともに疲れ果ててますね。マスクを使い回さない・うがい手洗い消毒の徹底等出来る限りの対策はしててもやはり怖いですね・・・。
それとテレビで全国の患者数が映ると、コミティアに来て下さった方や自家通販で本を買って下さった方々は大丈夫かな・・・と心配になってしまいます。なにとぞ皆様、健康第一でお過ごしくださいね!

マゲがいっぱい


オワ丸です。3月30日発売の「サムライねこぱんち 花の陣」という雑誌に市川おわ名義で読み切りを描かせていただきました。
「武士ねこ始末記」という老同心と猫の話です。前回は本屋さんで手に入り辛かったようですが、今回はウチの近くの本屋さんにも置いてあったので入手しやすいかも?です。よろしければ是非。

syasin928.jpeg

syasin929.jpeg

製作途中の写真が全然無いので、せめて登場人物たちの表だけでも。猫の資料が、じいさんの足元にいるこれ一個しかないんですよね…ネーム段階では毛の短いツルっとしたフォルムで殴り書きしていたので、本編でまさかあんなオジサン顔の熊みたいな猫になるとは思いもしなかったな。あんなにムキムキにしたかなぁ…したんだろうなぁ…。

今回同心のお話だったんで、どうしても”ちょんまげ”は描かなきゃいけない訳で、真面目にちょんまげ姿を描く日が来るなんて想定してませんから、ちょんまげ初心者ですよ。「こんな感じか?」と、それらしいものを描いていったんですが、途中で「おじいさんのマゲは天然のハゲも加わってるから頭皮部分が多いのは分かる。じゃあ若い同心は…?」と気づいて見返すと、全ページ若い同心は若ハゲ状態になってて(↑の写真ではまだそれに気づいていなかったので、皆かなりの薄毛)。それにマゲが変な方向向いてるとすぐに顔の向きと合ってないとか、頭にめり込んでるとかがバレるんですね。ちょんまげの話だけで朝になる位奥が深いものです。まぁ結局は絵柄に合わせて”なんっちゃってちょんまげ”で落ち着きました…。ただ、ベタや仕上げをしてくれたクロミチにはちょんまげは好評でしたね。「毛先の細かいのを塗ったり修正しなくて済むから」らしいですけど、まぁ言われてみればそうか。

小さい頃から時代劇は結構見てきた方で、この漫画には好きなものしかないというか、色々な時代劇のあの人、この人と言う風に自分の中で夢のキャストにした感じでしょうか。そしてなにより”お爺さんの声は絶対、紅の豚のポルコの声!”と思って描いてました。それと今回も手伝ってくれたクロミチ、ありがとうな。あのベタと背景のタッチは自分も勉強せねば…。
そういえば一昨日くらいからやっと、貼ったトーンがホコリだらけになる悪夢を見なくなったので、少しは気が抜けてきたのかなぁ。今回描いた武士ねこ始末記のオマケ漫画(6ページ)が4月13日発売のねこぱんちに掲載予定です。自身番でグダグダするお話。猫の描き方を忘れてしまってて、ちょっと顔が違うかもですが、こちらもよろしければどうぞ。
自分もしばらくはグダグダしよ~。

ネコ漫画第2弾

オワ丸です。3月30日発売の「サムライねこぱんち」に市川おわの名前で漫画を描かせていただきました。タイトルはまだ発表しない方がいいのかな?もう少し近くなったらまた改めて告知させていただきます。

今回はお爺さんと猫の話ですが、今まで三頭身位のお爺さんしか描いた事が無く、ちゃんとした頭身のお爺さんは多分初めてで、それに加えて”モブ以上脇役未満”のキャラの人数が非常に多くて大変でした。最初の5ページだけで75人描いてあるらしいですが、果たして全ページで一体何人描いたのかは数える気力がありません。何気に一番面倒クサかったのが着物の羽織を腹の前で留めるボンボンみたいな何か。あれをシンプルにしておけば出来上がりまでが数段楽だったというのに後で気付きました。小さくてギザギザしているものは大変ですな…。他にもメインキャラに”毛並みが全身ギザギザしててトーン色だけど胸毛と眉毛は白い猫”を描いたんで、手伝ってくれたクロミチには申し訳なかったとしか言えないです。前回描いた白猫のマルオはその点非常に優秀だった。その飼い主のハゲた小さいお爺さんも手が掛からなかったなぁ。

今回もクロミチがベタ・ホワイト・トーンと仕上げの段階を手伝ってくれました。この手伝いが無かったら絶対終わってなかったと思うんでとっても助かりました。自分がベタを塗ってみようものなら、あっという間にはみ出してホワイトで修正…それすらはみ出して…修正の修正の…と延々終わらなくなるので、クロミチのベタは職人技なんだなぁと思います。
あ、あと節分の時期に中野で奉納剣舞(殺陣)をされる方々がいらして、普段はあまり見ないのですが今回ばかりはメチャメチャ激写しまくって資料にさせていただきました。おかげ様でカッコイイお爺さんが描けたと思います。

ぬ~描いてはみたものの色々とチェック漏れがないかとか、誤字脱字してないかとか、発売まで気が気じゃないです。