FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

カテゴリー "絵について" の記事

2018年


あけましておめでとうございます!今年もオワ丸&クロミチで合作年賀状描きました。毎年ふわ~っとした可愛いの描いてきてたんで、今年は格ゲーっぽい、何か対決してるみたいな構図でやってみたいねぇと。出来上がってみたら対決・・・?という感じでしたが、2人でかなり気に入ったものになりました。

帰省中の話はまた近いうちに。作品作りはのんびり頑張っていこうと思いますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。


オワ丸&クロミチ

大阪城地下徘徊中

クロミチです、刀剣乱舞を始めて1カ月ちょい経ちました。
オワ丸さん共々だいぶ慣れてきたので1月からアニメも観てみようかなぁと思い、予習を兼ねて昨日「刀剣乱舞花丸」の映画へ。1期の総集編映画なのですが、周りはめちゃくちゃきれいなお姉さん審神者ばかり。。。でも意外過ぎる位あったかほんわかした愛に溢れた会場で、ああいう雰囲気で映画を観るの久々だったから嬉しかったです。長谷部が歌いながらうどん作るところは笑いを堪えきれない&つられて堪えきれなくなる人が続出で、それでも歌が続くもんだから・・・(笑)。個人的にはAWT48の話題が出た時、瞳をキラキラさせながらアイドルにときめいていた乱君のシーンが一番可愛くて好きです。
実際に刀剣をゲームで遊んでみて思ったのは、「花丸」は本丸の話、「活劇」は遠征の話なんだなぁという事。どっちが良い悪いとかじゃなくて、そもそも向いてる方向が全然違うんだなぁという事でした。長年のモヤモヤがやっと解消された気がします。

ゲーム開始から1カ月、相変わらずうちは博打しない・鍛刀も低数値で1日3回・朝ご飯中と就寝前しか出来ない・・・という、お母さんに財布とパソコンを握られたかのような質素本丸なのですが、だいぶ人数も増えてワイワイしてきたので以前描いたGET順の絵に加筆しました。28番目に来たばみちゃんの後、たぬき君→一昨日・昨日来たばかりの後藤君、信濃君まで追加です。

クリックで大きく見れます、どうなんでしょうか・・・質素にやってる割には鍛刀と各地のドロップ率は短期間でも結構運が良いような気がします。レアな江雪さん(16番目)・鶴丸(36番目)なども鍛刀ALL350だったし。初期刀のむっちゃん(1番目)はここぞという時は留守番が多く、今は一兄(30番目)が一番レベル高いです。ごめんよ、むっちゃん。
・・・とか書いてますが、実はこの記事を書く数分前に包丁君・蜻蛉切さんが立て続けにうちの本丸に来まして。。。
syasin794.jpg
もはや古い絵になってしまいした、めでたいから良いんですけどね。「活撃」観てからアニメの第2部隊揃えてみたいなぁとずっと思っていたのでとても嬉しい・・・!

そうそう、オワ丸さんは鶴丸がお気に入りです、ワールドトリガーでも出水好きだったし、ああいう頼りになるけどイジッてくる先輩タイプがいいらしい。確かにな~、本丸で画面越しのこちらまでイジッてくる所とか!鶴丸と次郎さんが来てくれたおかげで、うちの本丸が本当に明るくなった。服のフードが好きという点でもツボらしいです、不思議なツボだ。。。
自分は意外にも新選組刀はそこまで・・・という感じです、ビミョーに青臭いからかな・・・むしろ平安生まれの刀達が飄々としたのが多くて好みです。当初短刀の小夜に一目惚れだったのですが(まさか鈴木次郎先生の子だったとは・・・MAGIMAGI今でも全巻持ってますよ)、うちの隊が敗戦しそうな時に重傷の状態から敵を3体刀装ごとなぎ倒した大太刀の石切丸に、あの瞬間心を奪われました・・・ぶわわぁーっと鳥肌立った。基本作業ゲーだから数字の上がり下がりを見てるだけなんだけど、ああいうドラマがあると一気に刀剣達が愛おしくなるのが不思議です。
石切丸の打撃一辺倒で機動がぶっちぎりの最下位というすさまじい脳筋ステータス、昔からRPGやアトリエシリーズで装備品・調合品の数値の上げ下げで1日中ほくそ笑んできた自分には可愛いもんで。遠征から帰ってきた時の声が優しくて好きなのですが(行くときはキレられるけど)、本丸を留守にされるとぽっかり寂しく感じます。

・・・などと思ってしまう辺り、1カ月を過ぎてようやく審神者らしくなれた気がしますね(苦笑)。

とりのこ悶々

お久しぶりですオワ丸です。ブログ書くのすごく久しぶりで書き方を忘れている…。潜ってる間、ずっとマンガ描いたり考えたりゲームしたりしてましたが、親知らずを抜いて以降なんだか胃が痛かったり貧血だったり口内炎が痛かったりでイマイチ元気が出ない。痛みは人から元気を削ぐからいけんですね。

話しは遡りまして、以前ブログでクロミチが書いたと思いますが、6月の半ば頃に東京港野鳥公園へ鳥を観に行ってきました。その時にオワ丸がメロメロになった「コチドリ」という小さい鳥が、当時一生懸命卵を温めている姿を観る事が出来て、その張り切った顔に(元々そうゆう顔なんだけど)無事に卵が孵るように応援していましたが、残念なことにその卵は数日後の大雨で流されてしまいました。どうしようもないのは解ってるんだけどなんというか…誰か助けてくれって感じ。人じゃなくてもいいから。

そんな事があってしばらくした頃に映画”夜明け告げるルーのうた”と、COCCOの20周年ライブへ行く機会があり、偶然どちらにも「救う」や「大事なモノを拾いあげる」という表現に感じる部分がありました。そんな訳で悶々したものと色々が混ざって描いたのがこの絵↓(部分です)。

syasin777.jpg
完成しませんでした!すんごい完璧な失敗。泥の中から卵を拾い上げている所を描きたかったんですが、そもそも人物が弱過ぎたのと、色を塗った際に泥の表現が出来てない事に気づき、泣く泣く没。そこから描き直したのが絵置き場&トップ絵の白黒っぽい絵「海辺のとりのこ」でした。描いたはいいけど”卵を持っている”が描き切れてない気がして、なによりまだ自分の押しつけがましい感情で描いた感じがあって悶々。そのうえエスの締切も重なって若干駆け足で仕上げたのもあり、「このままでは駄目な気がする、もう少し考えて丁寧に描こう」と思って描いたリベンジのリベンジがこちら↓。

syasin778.jpg
こっちは完成しました!良かった~。「潮入りのとりのこ」という名前でアップしてあります。とりあえず描きたい事は描いたかな。なにより丁寧に描けた事が自分なりの供養になったのかなぁという気がします。夏の間は暑さと蚊とで野鳥公園へは行かないつもりですが、涼しくなったらまた行きたいと思っています。まぁとりあえず漫画をせねば…。

今年も敵わない

クロミチです。帰省で新潟に帰った時、ばあちゃんの家に行って今年も「きいちの塗り絵」をもらってきました。以前何回かここで書いたのですが、「きいちの塗り絵」とは、ばあちゃんが週1で行くデイサービスでもらってくる塗り絵がコピーされた紙です。ボケ防止の一環なんでしょうね。ばあちゃんはこれに色を塗ってそれを溜めておき、帰省した時に見せてくれるのですが、まぁ毎度これの完成度が高いっていう。
過去に何度もオワ丸さんと挑んだものの、ばあちゃんを心底うならせたのは自分はまだ1回しかありません(事あるごとに「アレはよかった」と言ってくれたから間違いない)。今回もオワ丸さんと一緒にばあちゃんをギャフンと言わせるべく挑戦しました!


これはオワ丸さんの塗ったもの。あえて白いまま残すことで色のケンカを起こさせず、女の子のかわいい雰囲気に塗れてます。自分は正直「この手があったか・・・!」と悔しい気持ちです(笑)。着物にグラデを使ったりとか、ばあちゃんにはないテクニックを使ってるあたり、オワ丸さんの本気度がうかがえます。

syasin760.jpg
こちらは自分のもの。洋服の方はレトロっぽい色を意識して、着物の方はあえて「クロミチとして塗ったらどうするだろう」と客観的に考えて塗ってみました。実験要素の強い感じになってしまい、女の子の可愛さは引き出せなかったような気がします。あ、でもばあちゃんはおにぎりを玄米?みたいに薄茶色で塗ってたのですが
syasin761.jpg
自分はゴマの入ったおにぎりが好きなので、カラフルに「おむすび山」っぽくしてみました。ちなみにおむすび山で作ったおにぎりは食べたことはないんですけど。みかんもちょっと緑色に塗ってみたり、ばあちゃん気づくかな?と、小賢しい事をしてみています。

これらを封筒に入れて送って、次に帰った時に感想聞こうと思います。おいちゃん(じいちゃん)が死んでから一人暮らしでため息も多くなったからなぁ・・・うちらの塗り絵であわよくば刺激を受けてくれたらいいな、と。ライバルにはいつまでも強くあって欲しいですし。でもやっぱり、また今年もばあちゃんの塗り絵には敵わなかったです、ばあちゃんの塗り絵センス、強い!
そういえば今までコミティアで配ったペーパー(5種類)を、この間ばあちゃんに渡してきました。気が向いたら塗ってね、と言ったものの、細かいからヤダみたいな事を言ってたから塗ってくれないかもですが(笑)、気長に待ってみたいと思います。個人的に今これがすごく楽しみな事です。

迷いながら

クロミチです、久々に絵を描きました。「籠り家」というタイトル。

大きな木の根っこがゴロンと横になってて、中に入れるようになってたらそこに本とか持ち込んでのんびり夜更かしとか・・・って3月末の忙しさがピークだった時にぼんやり思ったのが描くきっかけでした。
syasin743.jpg
ペン入れ→色の塗り始め。全体的に青っぽくしようと思ってたものの、ここまで塗って手が止まる。何か思ってたのと違う・・・。一度悩みだすとダメですね、悶々したあげく、出来上がってみたらやっぱり「うーーーー・・・ん」。やりたい事は描けたけど、自分が最初に描きたかったもの(静かな感じ)とは少し離れてしまったかなぁと思いました。本当のこと言うとこの絵は画集「赤のまにまに」の次に作る本の表紙にしようと思ってたのですが、対になる感じで描き始めて、あの表紙絵に負けない絵にしなければ!って変に気負い過ぎたようで。別に勝ち負けとかじゃないし比べるもんでもないなって思ったら、吹っ切れてもう一回挑戦しよう!という気持ちになりました。まだ時間はあるしリベンジです。

話は変わりますがこの間「椿山荘」というすごいホテルで去年1年間の仕事のお疲れさま&これからもよろしくね会がありました。普段はこういうパーティーとか面倒で行かないのですが、会場が滅多に行けない場所っぽかったので興味本位で参加。適当にごはん食べて帰るつもりだったのですが、仕事でお世話になった人達に会えて「大変だったね」と話してたらあっという間に時間が過ぎました。会場には仕事に関わったあらゆる職種の人達が集まって、みんなでいいもの作れてよかったなぁっていう暖かい空気がいっぱいでした。全員何かの職人、すごい!なかなかああいうのって無い機会なので、とても面白かったです。

そもそも人づきあいが嫌で始めたこの仕事だったけど、大勢での仕事って一人で絵を描いてるだけじゃ絶対出てこない力を嫌でも引っ張り出してもらえるというのがやたら面白いって事に最近気づいて。毎回発見の塊で頭フル回転でも追いつけないけど、たまにガチッと技術と求められてるものがハマった瞬間が本当に「よっしゃ!」ってガッツポーズしたくなる。大勢のすごい人達と仕事するのも一人で絵を描く時も、自分にとっては最近では両方同じくらい大事で好きです。以前は仕事のイライラしを絵にぶつけてばっかりだったけど、それは単純に自分が下手くそだっただけだと思います。人間少しずつでも成長するもんですなぁ・・。