FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

マゲがいっぱい


オワ丸です。3月30日発売の「サムライねこぱんち 花の陣」という雑誌に市川おわ名義で読み切りを描かせていただきました。
「武士ねこ始末記」という老同心と猫の話です。前回は本屋さんで手に入り辛かったようですが、今回はウチの近くの本屋さんにも置いてあったので入手しやすいかも?です。よろしければ是非。

syasin928.jpeg

syasin929.jpeg

製作途中の写真が全然無いので、せめて登場人物たちの表だけでも。猫の資料が、じいさんの足元にいるこれ一個しかないんですよね…ネーム段階では毛の短いツルっとしたフォルムで殴り書きしていたので、本編でまさかあんなオジサン顔の熊みたいな猫になるとは思いもしなかったな。あんなにムキムキにしたかなぁ…したんだろうなぁ…。

今回同心のお話だったんで、どうしても”ちょんまげ”は描かなきゃいけない訳で、真面目にちょんまげ姿を描く日が来るなんて想定してませんから、ちょんまげ初心者ですよ。「こんな感じか?」と、それらしいものを描いていったんですが、途中で「おじいさんのマゲは天然のハゲも加わってるから頭皮部分が多いのは分かる。じゃあ若い同心は…?」と気づいて見返すと、全ページ若い同心は若ハゲ状態になってて(↑の写真ではまだそれに気づいていなかったので、皆かなりの薄毛)。それにマゲが変な方向向いてるとすぐに顔の向きと合ってないとか、頭にめり込んでるとかがバレるんですね。ちょんまげの話だけで朝になる位奥が深いものです。まぁ結局は絵柄に合わせて”なんっちゃってちょんまげ”で落ち着きました…。ただ、ベタや仕上げをしてくれたクロミチにはちょんまげは好評でしたね。「毛先の細かいのを塗ったり修正しなくて済むから」らしいですけど、まぁ言われてみればそうか。

小さい頃から時代劇は結構見てきた方で、この漫画には好きなものしかないというか、色々な時代劇のあの人、この人と言う風に自分の中で夢のキャストにした感じでしょうか。そしてなにより”お爺さんの声は絶対、紅の豚のポルコの声!”と思って描いてました。それと今回も手伝ってくれたクロミチ、ありがとうな。あのベタと背景のタッチは自分も勉強せねば…。
そういえば一昨日くらいからやっと、貼ったトーンがホコリだらけになる悪夢を見なくなったので、少しは気が抜けてきたのかなぁ。今回描いた武士ねこ始末記のオマケ漫画(6ページ)が4月13日発売のねこぱんちに掲載予定です。自身番でグダグダするお話。猫の描き方を忘れてしまってて、ちょっと顔が違うかもですが、こちらもよろしければどうぞ。
自分もしばらくはグダグダしよ~。
スポンサーサイト