FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

時間ができたので

クロミチです、連日ラグビーと世界陸上を朝まで見てしまって寝不足です。。。そうそう、父と母が暇すぎて長野に遊びに行ったときに買ったというリンゴを送ってくれました。メモ付き。

「あまころがし」って何だ・・・初めて聞いた。小振りだけど甘めで美味しかったです。秋映えは酸っぱめ、シナノドルチェはまだ食べてません。
syasin888.jpeg
春に山菜採りで帰省した時に父と一緒に苗を植えたサツマイモも入ってました、立派に育ってる。よかった~。

次の仕事までポッカリ予定が空いたもののオワ丸さんは原稿の最後の追い込みでめちゃくちゃ大変で、しかも今現在手伝えることも無いそうだし、「ライザのアトリエ」も買ったものの1週間後には仕事で手が付けられんくなると分かってると始め辛くて保留。せっかく時間が出来たんで、好きに絵を描こうと思いました。これは下書き。
syasin889.jpeg
「サナギの君へ」というタイトルで、完成版はサイトの絵置き場に置いてあります。最近自分の中で題材をカッチリ決めて描くことが多かったせいか、少し絵に窮屈さみたいなのを感じてて。何の絵だろ?みたいな、趣味全開のそういう絵をまた描きたい気持ちになりました。

今回の絵、開かずの金庫に黒ひげ危機一髪的に鍵が刺さってるけど全然金庫は開かなくて、クソ不味そうな鉄の葉っぱを食い散らかしたサナギの子が、恨めしそうにヒラヒラ楽しく飛んでるチョウチョ達を見ている・・・というもの。サナギを題材にした絵は描いてみたかった。自分が小学生の頃に不登校で毎日寝床から動けなくて、天井見上げたまま今生きてるのか死んでるのかもわからんくなってた時期がありまして。灰色っぽい生暖かい空気みたいな水みたいな人の吐いた息みたいな、そういうドローッとしたものが部屋いっぱいに満ちていて、体がそれに沈んでいくような。。。断片的には覚えてるけど、当時の記憶が無い部分が多いです、自衛の為に脳が封印してしまったんでしょう。金庫はそれらを表しているのかもです、自分でもよくわからない。。。鍵があれだけ刺さっても開かないという事は、この金庫は内開きなのかもしれないです。暗い色の絵ですが、「サナギ」なので動かなくて死んでるように見えてもいつか別の何かになれるかもしれない、という絵です。その希望は他力本願(外からの鍵)じゃダメっていう。

下書きの時から配色は頭にあったもののグラデを多めに使ってみたり、灰色は6色使ってかなり実験色の強い絵だし、内容的に明るいものではないのですが描いてて楽しかった。やっぱりこういう、吐き出してぶつけた絵が自分は好きです。出来上がったものをオワ丸さんに見せたら「・・・」みたいな感じでニヤニヤ絵を見続けて、段々目がギラギラしてきて「チキショーおれも落書きしてぇぇ」と言ってました。パッと見ていいねとかすぐ言わなくて、「自分もやってやっからな」みたいな事を言う時は、それが良い絵だったんだなと認識しています、へへへ。仕事が始まる前にもうちょっと落書きして遊びたいなぁ。

そうだ、オワ丸さんの原稿。上手くいけば今月中には良いお知らせが出来るかもです。本当に良いお知らせです、どうぞお楽しみに!です。
スポンサーサイト