FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

お疲れさま、稀勢の里関

クロミチです、朝起きてニュース観て、ついにこの日が来てしまったか・・・と。稀勢の里、ついに引退ですね。。。

丁度自分が相撲にハマった頃、朝青龍が全盛期で栃東も魁皇もバリバリ強くてって時代、十両にめちゃくちゃ若い「萩原」っていう力士がポンと出てきた印象でした。当時は大相撲の人気がどん底の時で横綱の取り組みでさえガラガラに空いた館内がよく映っていて、十両は中継しない時も多かったから萩原という力士の顔はわからないけど、場所を追うごとにどんどんその名前を聞くようになって。「稀勢の里」というしこ名に変わってからは、いじけたように口をとんがらせて顔を真っ赤にしながら年上の力士に本気でぶつかっていく姿にとても燃えました。熱い相撲と、赤色っぽい廻しがよく似合ってたから。大好きだった日馬富士もそうだったけど、何というか、この2人は「忖度のない相撲」をとる力士だったんです。大相撲界が八百長で揺れた時も、「稀勢の里は人とつるまずひたすらトレーニングばかりしてるからシロだ」みたいな事言われる位、いつもボッチで相撲一筋な人でしたね。
土俵上では自分より上位の人との取り組みは何秒も睨み合ったりしてすさまじい熱戦を繰り広げるのに、下位の力士には燃えるものがないのかあっさり負けてしまうなど、相撲内容にムラッ気があってなかなか優勝出来なくて。。。魁皇のような必殺技もなかったけど、それでも、横綱が独走状態の時など「稀勢の里なら何とかしてくれるんじゃないか」といつも期待してしまう位、変な所でやたらと強かった。そういえば自分が国技館へ観に行く時、なぜかオレンジ色の法被を来た牛久の応援団の人達に遭遇することが多く、地元にめちゃくちゃ愛されてるんだなぁといつも思っていました。
稀勢の里が横綱に上がった時には相撲人気がすごい事になってて全然チケット取れなくなってしまったから、稀勢の里はテレビの中でしか観れなくなってしまったのですが、1度だけ生で土俵入りを見ることが出来ました。朝赤龍の引退披露の時・・・じゃないかなぁと思うのですが、正直時期はうろ覚えです。でもすごく感慨深くて嬉しかったのを覚えています、ああこの姿がこれから毎場所見れるんだと思っていたのですが、生で見たのはあれが最初で最後になってしまいました。。。
書いててキリがねぇやと思う程、沢山の思い出をくれました。昨日、ライバルで同期の栃煌山に負けた時、「うん」と小さく頷いたから、ああこの人の中で何か納得したんだなと。どちらかというと怪我をしてても無理させる気風の部屋ではあったし、横綱になる時期が遅かったから長命ではないだろうと思ってはいたものの、それでもこんなに早く土俵を去ってしまうなんてなぁ・・・。引退披露は人気で多分チケット取れないんだろうな、大好きな力士だったから本当は最後まで見送りたかったけど・・・。

今日の取り組み、稀勢の里はもう出ないけど、不戦勝の幕をしっかり見届けようと思います。
稀勢の里関、本当にお疲れさまでした。
スポンサーサイト