FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

大相撲名古屋場所

オワ丸です。先週末の日曜日は大相撲名古屋場所の千秋楽でした。今場所は横綱白鵬の優勝回数最多記録更新なるか?!とか、期待の新大関・照ノ富士の取り組みはいかに!などのワクワクする話題の影で、十両の若の里、幕内の旭天鵬の進退が懸かった取り組みがありました。結果、旭天鵬は今場所限りで引退、若の里も大きく負け越してしまったので来場所の幕下陥落が決まれば引退するという事になりました。(まだ発表はありませんが)

オワ丸とクロミチが国技館に通うようになり、千代の富士の引退以来、大相撲を改めて見始めて大体10年ですけど、その頃バリバリに活躍していた力士達が近頃段々と引退して”好きな力士”が代替わりしていく中で、若の里と旭天鵬はずっと変わらず大好きな力士達だったので寂しさが半端じゃないです。実を言うと旭天鵬、最初の頃は同じモンゴル出身の時天空と顔の見分けがつかなくて、マワシの色も同じ黒色だし背丈も体型もほぼ同じというオワクロには超難問力士でした。「顔がオバチャンっぽいのが旭天鵬、鬼瓦みたいなのが時天空」という失礼な覚え方をしてやっとこ覚えた記憶があります。ベテランの力士にはよくあるんですが、年々性格が明るくお茶目になってきて、勝ってインタビュールームに来るのが楽しみでした。

若の里は「ずっと前から顔が”ベテラン顔”、なのに名前は”若”の里」という名前と顔のギャップで覚えた力士です。ずっと大相撲を見ていると必ずいるんです、若の里。大相撲のテレビ中継って早いと午後3時から始まるんですが、幕内だったり十両だったりに必ずいるんですよ。オワクロが見てきた10年間居続けてるんです。たまに休んで居ない場所もありますが、もちろん他の力士や上に書いた時天空だって出場し続けてるはずなのに、ベテランの風格からか”いつでも・いつまでも居て当たり前”な感じになっているんです。そして味のある良い相撲を取ります。いつぞやの国技館で、「♪わか~のさ~と~(パン・パン・パパパン(手拍子)」と歌って応援しているご婦人達を見た事があります。ああゆう応援をされている力士は後にも先にも若の里だけでした。愛されてるってすんごい感じた。

今場所、両力士とも引退か引退かと日に日に言われるようになっていったんですが、なんだろう・・オワ丸はず~っと漫画・ワールドトリガーの中で太刀川さんが解説席で言った「勝ち負けに気持ちは関係無い」という話を思い出してました。強い気持ちがあれば勝つとか、逆に負けた方の気持ちはショボかったのかとか、”気持ちの強さで勝負が決まる事はない”という様な話をする回があったんですが、今回の大相撲だって進退が懸かる今場所、負けたくない気持ちは人一倍あっただろうに両力士は大きく負け越してしまって、現役最後かもしれない千秋楽でも負けてしまったんですが、「じゃあ負けたから気持ちがショボかったのか」と言われたら決してそんな事あるハズないじゃないですか。大相撲って、勝負ってこうゆう事だと今まで見てきた場所の中で、一番壮絶に感じました。だからかまだ「お疲れ様でした」と書く気にならないなぁ。若の里はまだ引退表明でてないし・・。
とりあえず次の場所はメチャメチャ寂しくなるんだろうなぁ。

あ、そういえば優勝力士インタビュー中に白鵬の”誰とは言わないけれど舞の海批判”があってちょっとニュースになってましたが、あれの真に面白い所は大相撲生放送の優勝インタビュー中、名指しもされてないのに舞の海さんをドアップに捉えたカメラさんと、解説席にいた北の富士さんの「お前の事だろ舞の海!!」と間髪入れずに突っ込んだ”更なる舞の海イジリ”でしょ!?あの北の富士・舞の海・NHK藤井アナの解説トリオは必ず笑いの神が降臨するから大好きです。
スポンサーサイト