FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

カテゴリー "大相撲" の記事

お疲れさま、稀勢の里関

クロミチです、朝起きてニュース観て、ついにこの日が来てしまったか・・・と。稀勢の里、ついに引退ですね。。。

丁度自分が相撲にハマった頃、朝青龍が全盛期で栃東も魁皇もバリバリ強くてって時代、十両にめちゃくちゃ若い「萩原」っていう力士がポンと出てきた印象でした。当時は大相撲の人気がどん底の時で横綱の取り組みでさえガラガラに空いた館内がよく映っていて、十両は中継しない時も多かったから萩原という力士の顔はわからないけど、場所を追うごとにどんどんその名前を聞くようになって。「稀勢の里」というしこ名に変わってからは、いじけたように口をとんがらせて顔を真っ赤にしながら年上の力士に本気でぶつかっていく姿にとても燃えました。熱い相撲と、赤色っぽい廻しがよく似合ってたから。大好きだった日馬富士もそうだったけど、何というか、この2人は「忖度のない相撲」をとる力士だったんです。大相撲界が八百長で揺れた時も、「稀勢の里は人とつるまずひたすらトレーニングばかりしてるからシロだ」みたいな事言われる位、いつもボッチで相撲一筋な人でしたね。
土俵上では自分より上位の人との取り組みは何秒も睨み合ったりしてすさまじい熱戦を繰り広げるのに、下位の力士には燃えるものがないのかあっさり負けてしまうなど、相撲内容にムラッ気があってなかなか優勝出来なくて。。。魁皇のような必殺技もなかったけど、それでも、横綱が独走状態の時など「稀勢の里なら何とかしてくれるんじゃないか」といつも期待してしまう位、変な所でやたらと強かった。そういえば自分が国技館へ観に行く時、なぜかオレンジ色の法被を来た牛久の応援団の人達に遭遇することが多く、地元にめちゃくちゃ愛されてるんだなぁといつも思っていました。
稀勢の里が横綱に上がった時には相撲人気がすごい事になってて全然チケット取れなくなってしまったから、稀勢の里はテレビの中でしか観れなくなってしまったのですが、1度だけ生で土俵入りを見ることが出来ました。朝赤龍の引退披露の時・・・じゃないかなぁと思うのですが、正直時期はうろ覚えです。でもすごく感慨深くて嬉しかったのを覚えています、ああこの姿がこれから毎場所見れるんだと思っていたのですが、生で見たのはあれが最初で最後になってしまいました。。。
書いててキリがねぇやと思う程、沢山の思い出をくれました。昨日、ライバルで同期の栃煌山に負けた時、「うん」と小さく頷いたから、ああこの人の中で何か納得したんだなと。どちらかというと怪我をしてても無理させる気風の部屋ではあったし、横綱になる時期が遅かったから長命ではないだろうと思ってはいたものの、それでもこんなに早く土俵を去ってしまうなんてなぁ・・・。引退披露は人気で多分チケット取れないんだろうな、大好きな力士だったから本当は最後まで見送りたかったけど・・・。

今日の取り組み、稀勢の里はもう出ないけど、不戦勝の幕をしっかり見届けようと思います。
稀勢の里関、本当にお疲れさまでした。
スポンサーサイト

国技館へ

オワ丸です。クロミチと一緒に国技館で朝赤龍の引退襲名披露大相撲を観てきました。引退相撲を観るのは栃東、千代大海、琴欧洲、魁皇に続く5人目のお相撲さんでした。こうやって書くとオワ丸とクロミチが相撲を観戦に行くようになった年代が分かる気がしますな。そしてその頃にいた力士が引退していくのはやっぱり寂しいものです。

11時過ぎに国技館に着いた時、玄関前の広場にスゴイ人だかりが出来ていて何かと思って覗いてみると、

本日の主役が。多分引退相撲では恒例のお出迎えの光景なんだと思うんですが、こちらの気分的には「な、何をしているんですか!?こんな時間にこんな所で!今日はあなたの為の日なのに、こんなわざわざ…!!」と軽くパニックになります。当然猛烈なサイン攻めにあっていましたが、朝赤龍は嫌な顔一つせずにサインにも写真にも時間ギリギリまで応えてくれていました。
今回は断髪式意外にも催しが沢山あってとても面白かったです。自分たちの席の後ろの方にいた外国人の方々に初切(しょっきり・相撲のルールを面白可笑しく実演してくれる余興)が、ウケてて嬉しかったなぁ。オワクロ共に大絶賛だったのが櫓太鼓の打分実演。呼出しの利樹之丞が実際に叩いてくれたんですが、音の強弱といい、リズムといいすんごい上手でした。あの人の櫓太鼓CDが欲しい。
syasin802.jpg
断髪式。髷が無くなってしまうと朝赤龍から錦島に呼び名が変わるので、髷があるうちに皆「朝赤龍ー!」とお客さん達は大きい声で叫んでいました。朝赤龍は朝青龍の兄弟分に思われがちですが、個人的には朝青龍が土俵を下りた後の、高砂部屋唯一の幕内力士として一人部屋を引っ張っていた時代の方が鮮烈で、一力士としての輪郭がはっきりとして見応えのある相撲を取っていたと思います。徹底した低い当たりと、最後まで諦めない闘志あふれる相撲が印象的でした。

これからは錦島親方として後進の指導にあたるそうです。長い現役生活、本当にお疲れさまでした。今度は親方姿の朝赤龍をまた国技館で見れたらいいなぁ。



おめでとう

クロミチです、大関稀勢の里の優勝、オワ丸さんと2人で「うおぉーっ!!」って盛り上がりました。ホントにホントに嬉しい・・・!

白鵬との結びの一番、一気に土俵際までもってかれてうわぁ今回もまたダメなのかぁって思ったけど、その後押されても押されても土俵から落ちない。まるで見えない壁か何かがあるみたいに、稀勢の里を土俵から出さないように押し返してるんじゃないかって思う位。本当に力強い大相撲でした。

スピード出世で若い頃からめちゃくちゃ期待されて、でもなかなか結果が出ないまま同世代がどんどん出世していって。・・・ものすごく辛かったと思います、思えば稀勢の里は勝っても負けてもいっつも悔しそうな顔をして見えました。顔を真っ赤にして口をへの字にして、周りが全部敵と言わんばかりに独りっきりで。常に「こんちきしょう」って顔してた。他の力士が仲間と楽しんだりしてる時も、黙々と相撲に励んできた努力の塊みたいな力士、ちょうど自分が相撲好きになった頃に十両から上がってきて、派手な必殺技もないし愛想もないけど不思議と目が離せない魅力のある力士でした。日馬富士と稀勢の里、この2人は当時から思わず応援したくなるような真っ向勝負で頑張ってきてたのでずっとずっと応援してきました。まだ水曜まで決定ではないけど稀勢の里がいよいよ横綱になれる時が来て、本当に嬉しくてたまりません。

優勝インタビューでポロッポロ涙を流した稀勢の里、あんな顔初めて見たなぁ。日本人の横綱だといって、これから先本人の考えとは全然違う方へ期待やら何やら背負わされると思います。ものすごく大変で苦しいと思う、でも今まで通り自分の努力の相撲を信じてまっすぐ頑張ってほしいって思うし、あとは出来るだけケガをしないで長く横綱として頑張ってくれ、それだけでいい!と思います。もうホント、ファンというより親の心境(苦笑)。

とにもかくにも稀勢の里、本当におめでとうございました!

大相撲名古屋場所

オワ丸です。先週末の日曜日は大相撲名古屋場所の千秋楽でした。今場所は横綱白鵬の優勝回数最多記録更新なるか?!とか、期待の新大関・照ノ富士の取り組みはいかに!などのワクワクする話題の影で、十両の若の里、幕内の旭天鵬の進退が懸かった取り組みがありました。結果、旭天鵬は今場所限りで引退、若の里も大きく負け越してしまったので来場所の幕下陥落が決まれば引退するという事になりました。(まだ発表はありませんが)

オワ丸とクロミチが国技館に通うようになり、千代の富士の引退以来、大相撲を改めて見始めて大体10年ですけど、その頃バリバリに活躍していた力士達が近頃段々と引退して”好きな力士”が代替わりしていく中で、若の里と旭天鵬はずっと変わらず大好きな力士達だったので寂しさが半端じゃないです。実を言うと旭天鵬、最初の頃は同じモンゴル出身の時天空と顔の見分けがつかなくて、マワシの色も同じ黒色だし背丈も体型もほぼ同じというオワクロには超難問力士でした。「顔がオバチャンっぽいのが旭天鵬、鬼瓦みたいなのが時天空」という失礼な覚え方をしてやっとこ覚えた記憶があります。ベテランの力士にはよくあるんですが、年々性格が明るくお茶目になってきて、勝ってインタビュールームに来るのが楽しみでした。

若の里は「ずっと前から顔が”ベテラン顔”、なのに名前は”若”の里」という名前と顔のギャップで覚えた力士です。ずっと大相撲を見ていると必ずいるんです、若の里。大相撲のテレビ中継って早いと午後3時から始まるんですが、幕内だったり十両だったりに必ずいるんですよ。オワクロが見てきた10年間居続けてるんです。たまに休んで居ない場所もありますが、もちろん他の力士や上に書いた時天空だって出場し続けてるはずなのに、ベテランの風格からか”いつでも・いつまでも居て当たり前”な感じになっているんです。そして味のある良い相撲を取ります。いつぞやの国技館で、「♪わか~のさ~と~(パン・パン・パパパン(手拍子)」と歌って応援しているご婦人達を見た事があります。ああゆう応援をされている力士は後にも先にも若の里だけでした。愛されてるってすんごい感じた。

今場所、両力士とも引退か引退かと日に日に言われるようになっていったんですが、なんだろう・・オワ丸はず~っと漫画・ワールドトリガーの中で太刀川さんが解説席で言った「勝ち負けに気持ちは関係無い」という話を思い出してました。強い気持ちがあれば勝つとか、逆に負けた方の気持ちはショボかったのかとか、”気持ちの強さで勝負が決まる事はない”という様な話をする回があったんですが、今回の大相撲だって進退が懸かる今場所、負けたくない気持ちは人一倍あっただろうに両力士は大きく負け越してしまって、現役最後かもしれない千秋楽でも負けてしまったんですが、「じゃあ負けたから気持ちがショボかったのか」と言われたら決してそんな事あるハズないじゃないですか。大相撲って、勝負ってこうゆう事だと今まで見てきた場所の中で、一番壮絶に感じました。だからかまだ「お疲れ様でした」と書く気にならないなぁ。若の里はまだ引退表明でてないし・・。
とりあえず次の場所はメチャメチャ寂しくなるんだろうなぁ。

あ、そういえば優勝力士インタビュー中に白鵬の”誰とは言わないけれど舞の海批判”があってちょっとニュースになってましたが、あれの真に面白い所は大相撲生放送の優勝インタビュー中、名指しもされてないのに舞の海さんをドアップに捉えたカメラさんと、解説席にいた北の富士さんの「お前の事だろ舞の海!!」と間髪入れずに突っ込んだ”更なる舞の海イジリ”でしょ!?あの北の富士・舞の海・NHK藤井アナの解説トリオは必ず笑いの神が降臨するから大好きです。

1年以上ぶりの!

オワ丸です。去年はついに大相撲観戦へ行くことが出来なかったので、今年のこの初場所こそは絶対に行くのだ!!とズ~ッと思っていました。本当は木曜日に行くはずだったのに火曜日に風邪を引き、1日伸ばして今日、行ってきました!

とその前に、今新宿駅の中央東口近くのアルプス広場の壁に、漫画「ワールドトリガー」のポスターが貼られていると知って見てきました。

キャッチコピー大賞の一環として張られているそうで、ちなみにこのキャッチコピーは作者の葦原先生作だそうですが、作品の中の登場人物達へ、もしくはこの作品を読んでいる人達へ、それとこれからこの作品を読むかもしれない人達へ、と色んな取り方が出来るキャッチコピーだなと。すごく良いなぁと思います。これが大賞でいいじゃん・・・。ダメか。

そして国技館、最近の相撲人気のおかげですごく混んでいました。2階席の上の方だったんですが、周りはほとんど外国の方達でいっぱいでした。
syasin535.jpg
クロミチ撮影。オワ丸の席からは前席の背の高い外人のおっちゃんのハゲ頭が土俵に半被りで大変だったけど、やっぱり生で大相撲観戦はたまりませんねぇ!途中酔っぱらった陽気なオーストラリアのお兄さんが隣の席に来て、なにやら一緒に応援しようぜ!みたいな事を言ってるようなんですが、酔ってるのか訛ってるのか驚く程何言ってるのか分からなくて、それでも一緒んなって喜んで観ました。何だったんだろうかあの兄さん・・。先場所立呼出しの秀男が引退したので、今場所はさすがにちょっとまだ土俵上が寂しいですね。でも本当に久しぶりに国技館の熱気に汗しました。これだから大相撲観戦は止められんのですよ。

一日楽しんで帰ってきてテレビでニュース見てたら、元幕内力士の豊真将が引退発表をしたというのが流れていて呆然としました。怪我で幕下へ下がってしまったけど、きっとまたあのキレイなピシッとしたお辞儀と共に真面目でひたむきな相撲が観れる事を願っていたので残念です。実をいうと今日取り組み表に豊真将の名前が無いね、どうしたんだろうとクロミチと探していたんです。やっと見つけた名前の横に沢山の「や」の字がありまして(これは”休み”の意味なんですが)、その時二人で少し嫌な予感はしてました。
豊真将関お疲れさまでした。怪我をよく治して、若い力士達への指導頑張ってください。応援します!