FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

カテゴリー "未分類" の記事

いよいよ・・・+追記+拍手お返事

クロミチです、白山くんはうちの本丸には来ませんでした。そして、はぁー・・・いよいよわが本丸のご神刀・石切丸の修行の日です。16時にメンテ明けたらすぐ行ってもらう予定、鳩は飛ばしません、3日間オワ丸さんと一緒に胃をキリキリさせながら本丸で手紙を待ちまする。。。演練もやらない!他所でネタバレしたくないし、真っ先にうちの障子をスパーンと開けて帰ってきてほしいから。そんな訳で、数日ネットとおさらばします。太郎さん・次郎さんの時はうっかり演錬開いちゃってほんの一瞬だったのにチラッと目に入ってしまって「次郎さ・・・前髪?!ま、え?前髪が・・・え??!乙女??!!」みたいな、自分の動体視力をホント呪う事故があったので(泣)。


(・・・残りの資源量からしても白山くんを途中で諦めた感がバレますね、各15万ずつ吹っ飛んで過去最悪の損害ではあったのですが)。修行前に記念にパシャリ、みんながカンストしてお小夜が極になってからは、だいぶ長い事このチームがうちの第一部隊でした(※当時は太郎さんは極ではなかったけど)。懐かしいなぁ、今は第一部隊って感じより”優先して育てなきゃいけないチーム”の世話ばかりで「おれ達に任せろ感」があんまりないから少し寂しいんですよね。
・・・って書いてても「ホントに石切丸修行行くのかな?」って、よく分からなくなってくる。。。ホントに?あの足の遅くて資源ばかり食って戦闘で何もしないまま終わり鍛当で源氏の重宝達ばかり呼ぶけど、数々のここぞって戦闘で泣けるほどメイクミラクルしてくれたあの石切丸が・・・?何気に一度も主と呼んでくれない彼から手紙が届くってのも不思議な感じ、石切神社へ里帰りして神として一回り大きくなってくるのか、元の持ち主の所へ行って武(もののふ)の生き様を学ぶのか・・・。特に後者はヤバい、場合によっては今剣と同じような事になりそうで怖いです。実際、今現存している石切丸が源義平の刀である確たる証拠はない訳で、神社に来た由来もよく解ってない・・・。現存している、三条有成さんが作ったらしいという「事実」しかない刀。。。そう考えると武器としてもご神刀としてもアイデンティティーがグラグラなんですよね。そこら辺を彼がどう思っていたのか、手紙で書いてあったら嬉しいけどやっぱり見るの怖すぎです・・・!でも読みたい、でも怖い、読みt・・・(略)。
個人的には手紙に義平の事が何も書かれてなくても、真剣必殺時に刀が稲妻纏ってたら「ああ・・・」と思うかも。何も無いならそれはそれで良し、片袖になって帰って来てももういいです、よく帰ってきてくれたって全力で迎えたい。
あと1時間か・・・この記事が全然見当はずれになるかもだし、果たして・・・。何かもういっそ「美味しいお団子食べてきたよ!」みたいな手紙で十分て気がしてきましたわ。。。

追記:いきなり浮上ですね、石切丸無事に修行に行きました。正装の鶴丸さんに見送ってもらいました(自分もオワ丸さんもこの平安の2人の組み合わせが何となく好きです)。結局最後まで「主」とは呼んでくれなかったけど、主従関係というより相談相手みたいなニュアンスに聞こえてむしろ嬉しかったです、今までは参拝者の1人位の感じだったから(苦笑)。そしてコミック乱の石切丸の読み切りを読みました。か、かわいい・・・っ!もともと時代劇大好きだし、イイ感じの江戸っ子なおっさんまで出てくるし病魔可愛いし猫はもふもふで・・・私の天国ですか。石切丸の優しい声が聞こえてきそう、ちなみにおっさんの声は西村知道さんで脳内再生してました。信長や秀吉といった歴史上の重要人物ではなく、市井の名も無い人のほんのちょっとの助けをする石切丸の優しい感じが微笑ましかったです。何かこう、見守ってる感じが「タイムスクープハンター」を思い出しました。今までの短編を全部合わせてコミック出てほしいな~。


拍手お返事
>>お名前がなかった方
名前はないものの内容からしておそらく・・・(*^^*)。拍手をありがとうございました。九州で見れる刀剣、うらやましいです。京都のかたな展で長谷部は見たものの、保存の為に動かすことができない日本号さんや蛍丸のいた阿蘇神社は現地でないと見れない&行けないので憧れです。いつか行ってみたい・・・!そういえば9月7日から福岡市美術館で「侍」という特別展示があるようですよ、滅多に見れない刀剣乱舞の刀も多く集まるようなので、お好きな刀が出るようでしたらもしよかったらご参考までに~。
スポンサーサイト

勉強になりました

クロミチです、今週は火曜に江雪さんを見に刀剣博物館へ行き、木曜にジブリ美術館へ行ってきました。

刀剣博物館は「筑前左文字の名刀」という展示で、江雪さんは展示室入ってすぐの所に展示され、江雪さんのみ撮影OK(※SNSへのアップはNG)。本当にゲームと同じ柄の拵えでびっくりしました。キャラクター同様、細身で華奢な感じかと勝手に想像してたのですが、結構堂々とした風格に満ちた立派な太刀でしたね、さすが和睦と言いつつ武力で解決する江雪兄様です!(苦笑)。去年東京国立博物館、名古屋の徳川美術館、京都国立博物館の「京のかたな展」などで沢山の刀派と刀を見てきて思ったのは、左文字という刀派はザ・真面目!という印象でした。歴史とか調べてないしあくまで刀の実物を見ながら思った個人的な印象ですが、西連さんでほぼ洗練された感じだったのに、その技術を踏まえた上で左さんで一気に完成形になったような。左さん、多分恐ろしい位才能あったんじゃないかな・・・ただ、左さん以降はみんな左さんの真似って感じで、神経質な位に左文字の特徴をなぞってる感じがしてしまいました。超えよう、変えようって感じが伝わってこないんですよね。形はきれいなんですが・・・。そのまま刀派が廃れてしまったのもちょっと何となくですが、分かるような気がしました。伝統と模倣は違う・・・いくら良い物を作っててもずっと同じじゃダメで、改良し続ける事が大事なんだなぁ。。。でも刀派からズレ過ぎると伝統は無くなってしまうし…難しい!

一方のジブリ美術館、ジブリ映画で色彩設計というお仕事をされていた故・保田道世さんのお仕事を紹介する「映画を塗る仕事展」。ジブリ映画に出てくる人物、動物、乗り物、食べ物、自然物や破片1つに至るまで、色の全てを任された保田さんの頭の中を少しだけ覗ける展示です。単純に「みんなが大好きなキャラクターはこうやって作られた」みたいな、のほほ~んとしたものかと思ったら大間違い!すさまじい計算と天才的な色彩感覚が洪水のように雪崩れ込んできて頭がパンクしそうに。特にすごいなと思ったのが、人物の色の「昼間色」「夕暮れ色」「黄昏色」の違い。普通何となくやってしまうのは、陽が沈んだら辺りが暗くなってくるから全体的に暗い色っぽくして影はもっと濃い色で・・・みたいな灰色っぽい画面作り。つまんないって解ってても絶対そうやっちゃうと思うんですが、保田さんは違うのです。
「昼間色」はいわゆるノーマル色で、いつものキャラクターの色。「夕暮れ色」はまだ陽が陰り始めたものの空に太陽が残っている状態なので、昼間色を少しあたたかい色合いにワントーン明るくして(ただし彩度は少し低いと思う)、影の部分のみコントラストの濃い色に。「黄昏色」は、太陽自体は沈んだけど辺りがまだ少し明るい+でも光は無いという状態なので、夕暮れ色と基本は同じ色で影の部分のみ色を薄くして明るい部分と影の部分の差を少なくするっていう・・・。差が少なくなることで、光が弱くなったことを表現しているんです(強い光を当てると濃い色の影が出来、光が無くなると影も消えるという理屈)。これ本当にすごいと思う、この発想。今のアニメみたいに撮影で本当に光らせたりするんじゃなくて、透けない絵の具だけで光を表現してしまってるっていう。
この他にも天候、心情で全部色が変わっていく事、現実に色はない水の色(物の厚みによって透けるか否か)など、それぞれにすさまじい技術が使われていて、色彩設計というお仕事は万物の性質まで理解してないと出来ないお仕事だなぁと思いました。すべての項目を完全に理解するにはかなり頭を使いますが、絵を描く人や色彩に興味がある人は絶対見に行って損はない展示だと思います。展示は結構長くやってるようすし。本当にとてつもない位勉強になりました・・・!すごいしか言えねぇ!

帰省中のあれこれ

オワ丸です。遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。クロミチ共々今年もよろしくお願い致します。
ino2019_convert_20190104215300_convert_20190108215737.jpg
このところ毎年恒例のオワ丸クロミチの合作年賀状が結構いい感じに出来ました。しばらくはサイトのトップページ絵にしているつもりです。毎年それぞれが一人ずつキャラクターを描き合ってそれとなく”おめでたい”雰囲気にまとめるんですが、今回クロミチが「ちゃんと作品としてカッコイイのが描きたい」と言いまして、クロミチは猪を、オワ丸が人物をそれぞれ描いています。個人的にはクロミチの描いた猪の毛並みがなかなかカッコイイ感じに仕上がっていると思います。おめでたいかはさておき…。

syasin853.jpeg
帰省中、あちこちの池へドライブ。いつも行く近場の池は凍っていたり風が強かったり、時間帯が合わなかったのかあまり鳥がいませんでしたが、ちょっと足を伸ばして行った遠い池には白鳥やらカモやらオオバンがわちゃわちゃいました。手ぶらで近づくとサーッと逃げていくのに、近くのお宅で頂けるエサ用のパン耳を見た途端にアイドルのライブ会場みたいな盛り上がりになります。現金なやつらよ…。野鳥に餌付けするのはいかがなものかと思いながらも、パンをあげると非常に(鳥に)モテます。オワ丸はオオバンが好きです。渡り鳥の中で唯一名前が分かって、なおかつクチバシの色が可愛い。

syasin851.jpeg
ばあちゃん家に立ち寄った時に、玄関に置いてあった金魚の水槽がこんな状態だったので非常に驚きました。現在ばあちゃんは老人ホームで生活してて、この家には体が不自由になってしまったオワクロの叔父が一人で住んでいる為世話が出来ないとの事でした。水嵩も減ってフンまみれのコケまみれの中で泳ぐ金魚をどうにかせねばと、実家で飼えないか父母に相談したものの取り合ってもらえず、話がかみ合わずに新年早々ケンカになりました。叔父に実家で金魚は飼えない事と、母とケンカして飛び出して来た事を話すと、普段術後の後遺症でぼんやりしている叔父がゲラゲラ笑って「いいわね、いいわね(いいよ、いいよ)」と言ってくれたのでちょっとホッとしたし、頭が冷えました。次の日、クロミチも協力してくれて金魚の水槽を大掃除しました。水槽と砂利を洗い、水を入れ替え、多少放っておいても水が濁らないように”ろ過機”を入れました。その結果…


syasin852.jpeg
ちゃんと金魚の姿が見える!(左の金魚は縦になってますが潜ろうとしているところです。浮かんでいるわけではありません)あまりに元が汚かったので、掃除をして水が変わってしまったら逆に金魚にストレスを与えるんじゃないかとドキドキしてたんですが、一日経ってもちゃんと元気にしていたので大丈夫だと思います。この状態が一体いつまで続くのか、水嵩が減ったらどうしようとか、ろ過機のフィルターもいつか交換しなきゃいけないとか色々不安はあるんですが、とにかく金魚が無事で良かった。親とケンカしてでも掃除して本当に良かった。次に帰省した時にどうなっているか分からないけど、無事に過ごしてくれていたらいいなぁ。

最近の色々

オワ丸です。11月25日のコミティア126への参加が決まりました。今回は抽選になったようでヒヤヒヤしていたんですが、一旦は一安心です。スペース№A22b トリノイルトコロでお待ちしています。

コミティアで販売するつもりの「AKUTAPIA㊦」。今月末までに入稿しないといけないので今必死に作業中です。5月のコミティア後から作業する時間は沢山あったはずなのに…何で今こんなに大変なんだ?この何ヵ月かの間オワ丸は一体何こさしてたんだ?そうこうするうちに恐ろしい事態が…。
季刊エスへの投稿絵の期限もすぐそこまで迫っていたのです。


ヤバい!と思い始めたのが締切3日前。AKUTAPIAの作業に夢中になっていたと言えば聞こえはいいけど、実際は締切に追われて周りが見えなくなっていただけです。とはいえ描きたいものはなんとな~くあったので1日目下書き、2日目線画、三日目色塗りでなんとか完成!今回は相撲をテーマに描きました。最近色々話題になっていますが、そうゆう土俵外で起きている諸々へのモヤモヤが結構ありまして、ちょっと皮肉ったような、揶揄しているような絵が描きたかったんです。が、いざ描いてみたらなんだか可愛らしい雰囲気になっとる…。ちょうどいいのでコミティアでポストカードにします。完成した絵はトリトコのトップ&オワ丸の絵置き場で見れます。

漫画の作業中、ゴッドイーター3の体験版が配信になったので早速プレイ!ゴッドイーターは主人公を自分でカスタマイズするんで、まずは名前や見た目や声を選ぶ所から始めます。前回はワールドトリガーの太刀川さんっぽいのを作って「もちかわ」と名付けたんですが、今回はどうしたもんか~と悩んだ挙句…刀剣乱舞の大倶利伽羅っぽいの出来んじゃね?と頑張ってみたら結構それっぽく出来ました。
181013_234453.jpg
名前は「カラ坊」。コードネームは「curry」。性格は中二病全開!
調子に乗って女の子ボディーで「乱」も作ろう!という事に。名前を入力してコードネームは何がいいかなぁ~と悩んでいたら「ねえ、セクシーにしてよ!」と乱に言われた気がして、言われるがまま「sexy」と入力したら「不適切な用語が含まれています」とツッコまれました。体験版、面白いけど「オレにもう少しミッションをくれ…!あと10個程…!!」という気分。発売は12月なんでそれまで2をやって鍛えておこう。

そういえばワールドトリガーの連載再開、すごく嬉しいです。休載中ずっとランク戦の展開を想像しまくっていたので、想像じゃないその先が見れると思うと今からニヤニヤしてしまいます。

一区切り

クロミチです、春からやっていた大きな仕事が一区切りしました。お披露目は年末頃ですが、自分の担当分は終わったもののまだ全体が全然完成まで程遠いらしく、スケジュール的にちょっと心配です。。。以前お仕事ご一緒した方から指名で入った仕事だったので、期待に応えたくて気負ってしまった・・・。運悪く別の仕事が3つ重なってロクに勉強をする時間が取れず、派手に体壊して体力も続かず。精一杯やったものの出来はハッキリ言って後悔しかありません、それに引きずられて他の仕事も疎かになってしまった。。。向こうの方は「直しがないから楽させてもらってる」とメチャクチャ喜んでくれたらしいけど、自分は申し訳ない気持ちでいっぱいでまだあんまり元気が出ません。ちょっとでいいから、勉強してから仕事に取り組みたかった。。。あ、でも憧れの大御所さん達(本当、すごい方々)ばかりで、すっっっごいカッコイイ出来になりそうです。参加させてもらってよかったのかな・・・(°Д°;)
・・・とはいえイラストじゃなくて本業の事なんで、完成しても記事書けないんだよなぁ・・・(泣)。


母が大量に手作りいちじくジャムを送ってきたので、岩沢由子さんにおすそ分けしたら、お礼にと岩沢さんご夫婦が手作りなさった冊子をいただきました。「ふうちゃんのおしうり」。自分も、オワ丸さんも「ふうちゃんのおしり」だと思って2度見、心が汚い・・・!
一見物騒なタイトルですが、全然違う!岩沢さんちの愛犬「ふうちゃん」が突然訪ねてきて”押し売り”をするのですが、全然押し売りじゃないじゃん!というほっこり温かい内容です。普段ふうちゃんが岩沢さんにいっぱい色んなもの、目に見えない温かい気持ちとか”押し売ってる”んだろうなぁと想像すると、読んでるこっちも幸せな気持ちになります。コミティアで販売なさるとの事でした!知ってる方がコミティア出るって、やっぱり嬉しいなぁ。

最後に、遅くなってしまいましたが台風21号、及び北海道の大きな地震で被災された方に心よりのお見舞いを、亡くなってしまった方々に衷心よりご冥福をお祈りいたします。今年、刀剣旅行で行った京都・大阪の多くの寺社、土方歳三の墓参りで訪れた北海道の町が大きな被害を被り言葉が見つかりません。
いつも災害時は日本赤十字から義援金を送っているのですが、北海道地震の方は今日から義援金受付が始まったものの台風の方はやってないようで・・・(あれだけの被害があった&まだ続いてるのに??)。今回は両方に義援金を送れるセブン銀行の義援金受付を利用しようと思ったのですが自分はセブン銀行に口座が無く、よく使う銀行からセブン銀行の義援金口座へ送ってもらおうと思ったら「セブンのATMで出来るんじゃないですか?」の一点張りで!口座がないからここから振り込みたいと言ってもわからないとか調べてもくれないし!結局セブンのATMでは何も出来なかったし、かといって大きなお金をレジ前の募金箱に入れるのは申し訳ないけどちょっと信用できない。。。仕方なくいつも通り郵便局から日本赤十字の方へ北海道地震と7月の西日本豪雨の義援金を送りました、7月の豪雨は今回の台風とは別だけど、被害地域も近いので少しでも助けにならないかと。台風21号被害への義援金は、もう少しよく調べて確実に送りたいと思います。
今年は災害が多いです、皆さんもどうぞお気をつけて・・・!