FC2ブログ

トリトコブログ

日々のあれこれを、オワ丸とクロミチが大体交代で更新。

時間ができたので

クロミチです、連日ラグビーと世界陸上を朝まで見てしまって寝不足です。。。そうそう、父と母が暇すぎて長野に遊びに行ったときに買ったというリンゴを送ってくれました。メモ付き。

「あまころがし」って何だ・・・初めて聞いた。小振りだけど甘めで美味しかったです。秋映えは酸っぱめ、シナノドルチェはまだ食べてません。
syasin888.jpeg
春に山菜採りで帰省した時に父と一緒に苗を植えたサツマイモも入ってました、立派に育ってる。よかった~。

次の仕事までポッカリ予定が空いたもののオワ丸さんは原稿の最後の追い込みでめちゃくちゃ大変で、しかも今現在手伝えることも無いそうだし、「ライザのアトリエ」も買ったものの1週間後には仕事で手が付けられんくなると分かってると始め辛くて保留。せっかく時間が出来たんで、好きに絵を描こうと思いました。これは下書き。
syasin889.jpeg
「サナギの君へ」というタイトルで、完成版はサイトの絵置き場に置いてあります。最近自分の中で題材をカッチリ決めて描くことが多かったせいか、少し絵に窮屈さみたいなのを感じてて。何の絵だろ?みたいな、趣味全開のそういう絵をまた描きたい気持ちになりました。

今回の絵、開かずの金庫に黒ひげ危機一髪的に鍵が刺さってるけど全然金庫は開かなくて、クソ不味そうな鉄の葉っぱを食い散らかしたサナギの子が、恨めしそうにヒラヒラ楽しく飛んでるチョウチョ達を見ている・・・というもの。サナギを題材にした絵は描いてみたかった。自分が小学生の頃に不登校で毎日寝床から動けなくて、天井見上げたまま今生きてるのか死んでるのかもわからんくなってた時期がありまして。灰色っぽい生暖かい空気みたいな水みたいな人の吐いた息みたいな、そういうドローッとしたものが部屋いっぱいに満ちていて、体がそれに沈んでいくような。。。断片的には覚えてるけど、当時の記憶が無い部分が多いです、自衛の為に脳が封印してしまったんでしょう。金庫はそれらを表しているのかもです、自分でもよくわからない。。。鍵があれだけ刺さっても開かないという事は、この金庫は内開きなのかもしれないです。暗い色の絵ですが、「サナギ」なので動かなくて死んでるように見えてもいつか別の何かになれるかもしれない、という絵です。その希望は他力本願(外からの鍵)じゃダメっていう。

下書きの時から配色は頭にあったもののグラデを多めに使ってみたり、灰色は6色使ってかなり実験色の強い絵だし、内容的に明るいものではないのですが描いてて楽しかった。やっぱりこういう、吐き出してぶつけた絵が自分は好きです。出来上がったものをオワ丸さんに見せたら「・・・」みたいな感じでニヤニヤ絵を見続けて、段々目がギラギラしてきて「チキショーおれも落書きしてぇぇ」と言ってました。パッと見ていいねとかすぐ言わなくて、「自分もやってやっからな」みたいな事を言う時は、それが良い絵だったんだなと認識しています、へへへ。仕事が始まる前にもうちょっと落書きして遊びたいなぁ。

そうだ、オワ丸さんの原稿。上手くいけば今月中には良いお知らせが出来るかもです。本当に良いお知らせです、どうぞお楽しみに!です。
スポンサーサイト



2カ月経って

クロミチです、1年続いた仕事がようやく終わりました。自分の担当分はすでに先週で終わってたので、1年間働き詰めだったししばらくは悠々自適な生活を送ろうかなぁと思ってたものの、1日で「ああ・・・仕事したい」ってなって。今は終わらない人の仕事を手伝っています、全体の締切が本当にヤバいので。。。冗談抜きに自分の絵や落書きですら描く時間が取れない位、毎日頭と体をフル回転させても足りないような大変な仕事でしたが、いざ終わるってなるとひたすら寂しい。小さな会社でコツコツ作ってたものだったのですがおかげ様でメチャクチャ評判が良く、微力ながら関われてよかったなぁと思います。何気に親にも受けが良くて嬉しかった・・・って書いてたら2年目突入の話が来て、どうやら地獄はすぐにでも続くようです。有り難くはあるのですが・・・す、少しでいいから休ませてくれ・・・っっ。

1日あったお休みの日に絵を描きました、奇しくも京アニの放火事件から2カ月目の日で。あの日は私の誕生日で、いつも通り朝起きて仕事しながら何ケーキ買おうかなーなどとのん気に考えたりしてたのですが、あの事件でそんな浮かれた気分は吹き飛びまして。今日に至ってもまだ心のと頭の隅に悲しみと悔しさが鉛の玉みたいに重たく転がってて、忘れるなんて無理なんですよね。今までも仕事の合間に何枚かラフを描いたものの、テーマが直接的過ぎたりまとまらなかったりで。日が浅かった頃は京都タワーみたいなモチーフを描いたものもあったけど、別に京都がんばれみたいな事を描きたい訳じゃないんですよね。2カ月経って、亡くなった方々の今までの仕事への尊敬と、ただひたすらご冥福を祈りたいだけなんだってハッキリ答えが出たので、やっと今描けた絵かなぁと思います。
atsukattarou_convert_20190920202623.jpg
オワ丸さんに「何で槍?」と聞かれましたが、あれは槍に見立てたペン先というか、鉛筆のつもりでした。事件で亡くなったアニメーターさん・スタッフさん達は鉛筆一本でキャラクターに命を吹き込み戦ってこられた方々だったから。火の気のない、ひんやり涼しくて気持ちの良い雨が降る蓮の花の咲く場所でゆっくりお休みくださいという気持ちを込めて描いたのですが、湿気を意識して塗ってたらあんまり天国っぽい感じにならんくて。。。気持ち的にはもうちょっと明るくてピンクの蓮の花が咲いていてどこかからふわ~っと良い香りのする水辺でとか思ってたんですが・・・今は仕方ないのかなぁ。。。
そういえば雨と蓮の葉の葉脈は白で描かずに全部白抜きです。
hasusita.jpeg
夕方6時半頃白紙から描き始めて完成したのが深夜2時半で、ほとんどの時間を白く残す部分を避けつつ黒塗りに費やしたような気がします、ハゲそうだった。満月は手元にあったオロナインの蓋で描いてあります、コンパスだと穴が開いちゃうけどオロナインの蓋は角がキリッとしてて優秀な道具です。
アナログは事故も多いけど、この何とも思い通りに上手くいかない感じがやっぱりいいなぁ。

夏が終わってる

ご無沙汰になってます、クロミチです。自分は今月いっぱいで半年以上やってきた大きなお仕事が終わり、オワ丸さんも秋締切の新しいお話の構想作業で、2人して食べる事と寝る以外何も時間が作れず状態で観たいと思ってた「天気の子」も、上野の国立博物館に”帰宅”した三日月さんも観る事がまだ出来ず・・・気付けばもう秋ですね。ああでも来週のどこかで「引っ越し大名」だけでも観に行きたいです、PVで高橋一生が御手杵ブン回してるっぽいし。御手杵大好きなのでちょっとあれは観てみたい・・・!忙しさの本番はまだまだこれからなので、何とか体調崩さないようにふんばりたいと思います。一連の仕事が終わったら少しまとまった休みを取って、旅行行ったり落書きとか作品とか描きたいなぁと。。。
そんなすり減る一方な生活を癒してくれる子が来ました・・・!
nennishi.jpeg
ねんどろいど石切丸!
フィギュアなんてTOVの小さいユーリとラピードとジュディス買ったのをもってるだけでして、ねんどろいどは初めてです。壊しそうで箱から出すのも躊躇してたのですが、ねんどろいどで部屋や小物を作ってる達人の友人に急かされまして。
友人「早く封印を解いてさしあげろ!」
クロ「手袋とかつけるの?(泣)」
友人「素手でいいんだよ!」
クロ「手ぇ洗ってくる(泣)」
友人「禊www」
みたいなラインのやり取りの結果、冷や汗かきながら何とか無事に組み立てる事が出来ました。しかしとっさに「禊(みそぎ)」なんて言葉が出てくる辺り、大変訓練された友人であります。刀剣乱舞やった事ない人なのですが。自分があまりにも初心者丸出しで恐る恐るやってるからか、「自分の昔を思い出す」と言われました。みんな最初はこうなんですね・・・。

turuisi.jpeg
本人じゃなきゃわからないよっていうすさまじい暗号解読みたいな厄介な仕事を何とか終えて、自分よく耐えてがんばったで賞という事で鶴さんも購入。鶴さんは中古なのですが真っ白でかわいいです、きっと前の人がキレイに可愛がってくれたんだろうなぁ。感謝しかありません。背中の穴に入れる突起とか調節した?みたいですんなり立たせることが出来ました(石切丸は穴と突起が合わなくて恐る恐る立ってる)。どうやって刀を持たせるんだとか色々悪戦苦闘ですが、2人が部屋の中にちょこんと並んで立ってると微笑ましくて和みます。

それにしても写真撮ってると平気で1時間経ってたりして怖いですね。。。

槍じみてる夏休み

クロミチです、お盆は過ぎてしまいましたが帰省してきました。
とはいえ締切間近の仕事が山盛りだったので全部持ち帰り、母が書道を教えている車庫の上の教室を借りて昼夜問わず作業していたのであんまりガツンと休めた気はしませんが、野菜と肉をいっぱい食べさせてもらって1晩で1キロ体重が増えました。超早寝早起き生活だったから健康になった気がします(もう戻ってしまったけど)。面白いから観てーと勧めたアニメの「鬼滅の刃」、毎週ビデオに撮って観てくれてるらしく、初めて家族揃って観賞。那田蜘蛛山の話のラストだったのですが、姉蜘蛛を追い詰めるしのぶさんが映る度に父がやたら嬉しそうで。「目玉をほじくる」とか「薬剤の知識が~」とか、特に笑うシーンでもないような所でデヘヘ・・・(照)と笑ってたので、多分父はしのぶさんに惚れたんだと思います。母は累の回想を観ながら「誰かの声に似てる・・・」と。「(ハイキュー!!の)ツッキーだよ」と言うと「ツッキーか!!」と喜んでいました。父も母もハイキュー!!大好きとはいえ、自分もオワ丸さんも聞き分けられない内山さんの声を勘で当てるとは・・・恐るべし。

あと老人ホームに入っているばあちゃんのところにも行きました。ホントは早く行く予定だったものの、前の週に食べたものを吐いてしまってたらしく、感染症の疑いもあるから会えないという事で。。。吐いたもので汚してしまったパジャマは感染症の疑いがあるので洗濯ではなく処分するんですって。オワ丸さんと母が新しいパジャマを買い揃え、ばあちゃんは検査の結果幸いにも感染症ではないという事でようやく会いにいけました。かなり心配だったのですがばあちゃんは元気でシャンシャンして会話もハッキリしてたので、本当にホッとした。。。ふと枕元を見たらばあちゃんが施設の人達と音楽の時間に歌った歌のプリントが置いてあって、何の気なしに見たら「酒は飲め飲め飲むならば 日の本一のこの槍を~♪」と書いてあって、まさかの黒田節!!丁度うちの本丸の日本号さんを修行に出そうとしてた時だったので、これをばあちゃん達がみんなで歌ったのかと思ったら微笑ましくてタイムリー過ぎて、オワ丸さんと笑いが止まりませんでした。

東京へ戻る日、丁度地区のお祭り当日で父は御神輿の誘導係ということで朝6時半にみんなでご飯を食べ、「雨が降ろうが槍が降ろうが夕方まで御神輿を導いてくる」と言いながら父は警備員さんみたいなヘルメットや服を身に着けて、誘導灯を手にとても張り切っていました。予報では昼頃からかなりの大雨という事でしたが朝は晴れていたし、自分とオワ丸さんは昼の電車で東京に戻るため、父の姿を見るのは次は年末だなぁ、父が御神輿を誘導するところ見たかったなぁとか思いつつみんなで玄関まで見送りました。

・・・ものっすごい土砂降りになりましたよ

もう、10メートル先も見えない位。オワ丸さんの話では家のそばの橋の辺りまでは御神輿のお囃子が聞こえたらしいのですが、途中でふっつり聞こえなくなったと。昼、母とオワ丸さんと3人で従姉が働いてる喫茶店へ行ったのですが、うっかり全員スマホを車の中に忘れてきて。。。ご飯を食べ終わって車に戻ったら母のケータイに近所の仲良し奥さんから大量の不在着信が。かけ直してみたら、どうやら御神輿の巡業は雨で中止になり父が帰宅したものの家に入れず難儀してるらしいとの事でした。父は雨が降ろうが槍が降ろうが夕方まで帰らないつもりだったので、ケータイも家の鍵もすべて家の中に置いて行ってたのです。
お昼ご飯の後、電車の時間まで海でも見に行こうかと言ってたのを取りやめ大急ぎで家に帰ったら、父は家の横の農具や自転車が置いてある小屋の中で濡れたシャツとトランクス姿で恨めしそうに震えていました・・・!いや、笑っちゃだめなのは分かっているけど笑っちゃいますよ、あんなに「槍がふっても~」とまで言ってたのに・・・!自分も大雪の日に同じことしてあの小屋でみんなが帰ってくるのを1時間位凍えながら待ったことあるけど、孤独と寒さで怒りがこみ上げるんですよね!電車の時間になったので「またねー!」と声をかけたものの、ムスーとしたまま裸みたいな恰好で玄関に入って行ったので、あれは相当拗ねてるなぁと(苦笑)。

色々ありましたが今年は帰省出来て良かったです。今日の夕方うちの日本号さんが世紀末清掃員みたいになって修行から戻ってくるのですが、ばあちゃんの枕元で黒田節の歌を見たせいか、ばあちゃんの所から帰ってくるような気も少しして何だか無性に待ち遠しいです!

今年もお盆がありません

クロミチです、毎日暑さがヤバいですね。。。この間までの長雨で成長できなかった朝顔が、今度は暑さでシオシオになってる。。。


我が家の本丸。画質が荒いから蜻蛉切さん、極画像バレ大丈夫かな・・・?昨日の夜中、北谷菜切(ちゃたんなきり)と大包平と祢々切丸がドドドーッと来てくれて、お祭り状態でした。即練結ですが。特に大包平はこの連隊戦中3振り目・・・一体どうしたんだ、過去2回のイベントではスコアが14万超えようが1振りも出る気配すらなかったのに大安売りじゃないか。。。(そして写真を撮った後更に追加で祢々切丸さんが来たし)。そして北谷菜切と千代金丸の回想がウチナータイム過ぎて萌えました。いいなぁ、あの2人。
あと蜻蛉切さんの修行の手紙が切なかったなぁ・・・。仕事中頑張ってても、不意打ちみたいにモヤ~ッと京アニの事件を思い出して辛くなる時があります。あんな風に不意に命は亡くなってしまうのかと。時間が経とうがどうしようも無い位やっぱり自分の中でショックがデカすぎたんでしょうね。だからか蜻蛉切さんの手紙を読んだ時、シャキッとしろ!と背中をバーンと叩かれた感じがしました。武人として、刀剣男士としての最期を見据えた蜻蛉切さんの漢の決意は立派です。ほとんど遺書じゃねーか(泣)!と思いつつ、ガッツリ励まされてしまったなぁ。気持ちをしっかり持って頑張りたいです。

りんちゃんのハリボテ、すごい上手だったー!お祭り前日夜中まで黙々と作ってるトコ見かけたけど、ちゃんと針金のケムリクサ持ってて芸が細かいし丁寧でかわいい!オワ丸さんと「コレが佳作止まりなのはおかしい!」ってずっと言ってました。
syasin885.jpeg
仕事でお盆休みは丸潰れ決定したものの、夏らしい事したい(血涙)!と、阿佐ヶ谷の七夕祭に行ってきました。・・・とは行っても夜中の12時頃なので店は全然やってませんでしたが、だってこの暑さの中昼間にあの人でごった返してる商店街に行くとか自殺行為だし。。。夜中はゆっくりハリボテを見れて最高です!何気に自分と同じ事考えた人達や会社帰りの人達も結構いて、みんなのんびり楽しそうに七夕飾りを見上げていました。

先日「この世界の片隅に」の放送を観ました。映画館で観た時は心が追い付かなくてただただ涙が出たのですが、昨日の広島の原爆投下時刻の黙祷を待つ10分くらいの間でしょうか、「ああ、74年前のこの時、すずさんは呉の家でカバンに服を詰めて実家に帰る支度をしてたんだな」「泣きながら径子さんと和解してたんだな」と、実際に見た光景みたいにワァ~ッと思い出して、毎年聞いてる黙祷の鐘の音が、全然重みが違って聞こえました。この夏、あのアニメのすごさに本当の意味で初めて触れた気がします。来年もぜひ放送してほしいなぁ。。。

色々終わったので

オワ丸です。このところイマイチ絵を描く気力が起きなくて、どうしたもんかな~と思っていました。絵は「描きたいものが無い時は描かない派」なので、このまま自然に絵を描かなくなるんじゃないか?と思う程。いざ絵を描く!となった時は毎度気持ちを奮い立たせているんですが、それにちょっと疲れたのかもなぁ。なんというか一人相撲に疲れたというか。そんな訳で今回の季刊エスへの投稿絵は見送りを視野に入れてギリギリまで描きませんでした。

そう思っていたら転がり出てきたのがコレ↓

おいいい!締切3日前なのに!?深夜のテンションで画面いっぱいに描いちゃったけど、これ誰が清書して色塗るの!?馬鹿なの!?
まぁそんなこんなで2徹に近い状態でなんとか描き終りました。塗っても塗っても全然終わりに近づかない恐ろしい絵。初めて、描いてる最中にクロミチから「このままだと間に合わなそうだし違う絵にするなら今しか無いと思う」と言われました。この見立ては本当に正しかった…。確かに塗り始めてから7時間経っても人物と3・4品の料理しか塗れてなかったもんなぁ。
ただこの絵を描く時、「これが間に合わなかったら絵を描くの辞める」と決めていたので、手は抜いてないです。でも出来上がってみるとまだまだ未熟な点が山盛りで、これは辞める辞めないとか一丁前な事を言える立場に無い事に気付きまして…もうしばらく精進します。

syasin884.jpeg
銀座行ってきました。何をしにって泊まりにです。銀座に!ザギンに!!都内に住んでいるのに!!あまりにこの週色んな事があって心身共に疲れきってしまったのと、クロミチの誕生日&仕事のキリが良かった事もあって、あの出来たばっかりの「MUJI HOTEL」に泊まって来ました。すんごい静かだし、ベッド気持ちいいし、無印の備品が使いたい放題で面白かったです。あまりに良くて写真を撮り忘れる程。何というか、無印良品の店内に住んでるみたいな気分。丁度日曜日だったので外では歩行者天国してました。音楽したり、パントマイムしたり、色々な人がいるんですね。ベコベコに凹んだお料理用のボールみたいな不思議な楽器を演奏している方がいましたけど、あの音好きだな~無限に聞いていられる。そして月光荘で絵の具を買い、デパ地下で桃のケーキと桃のタルトを買ってダラダラしながらホテルで食べるという、怠惰の極みみたいな事をしました。いけないぞ…これは楽しいかもしれない…!またやりたくなってしまうかもしれない…!と思っていた次の日、部屋に置いてあるタッチパネルが言う事聞いてくれなくなりまして、この子が頑張ってくれないとエアコンの温度設定はおろか、カーテンの開閉も出来ないという事態に。。。まぁそれも含めてとても楽しかったです、大変リフレッシュ出来ました!

京アニの事件

クロミチです、ちょっとショックが大きすぎて言葉が出ません。。。京都アニメーションは数多くの素晴らしい作品を作ってきた会社で、、、こんな事になってしまうなんて本当に悲しいし悔しいです。

お亡くなりになった方にご冥福を、怪我をされた方に快復をお祈り致します。